スクラッチjrのプログラミングとは

スクラッチjr(scratchjr)は、タブレットで使用する、幼児プログラミング用アプリです。スクラッチjr(scratchjr)のアプリは、ipad(アップル社)用と、android系のタブレット用のアプリを、無料でダウンロードして、簡単に開始できます。

sponserd



スクラッチjrは、幼児、小さな子供たちのためのプログラミング言語です。
スクラッチjr出プログラミングをする幼児の対象年齢は、5歳から7歳です。

スクラッチjrでは、幼児でも、自分で、対話型のプログラミングを作ることができます。
子供たちは、自分でプログラミングを作っていく過程で、分岐や順列といった、プログラムを作るうえでとても大切な思考を学ぶことができます。

スクラッチjrの配布元は?

スクラッチjrは、以下の大学や幼稚園、会社で共同制作されました。
・タフツ大学のDevTech研究グループ
・MIT メディアラボのライフロング幼稚園グループ
・プレイフルインベンションカンパニー

海外では、スクラッチjrは、幼児がプログラミングをするときは、親子でプログラムの作成をしているようです。次の動画では、海外でのスクラッチjrのプログラミングの様子がわかります。

やはり、わかりやすく作られているとはいえ、スクラッチjrもプログラミング言語です。
スクラッチjr(scratchjr)は、幼児向けのプログラミングの道具ではありますが、幼児だけでプログラミングができるかというと、ナビゲーターである大人のサポートが必要です。

スクラッチjr(scratchjr)の使い方は大人でも学習が必要

スクラッチjr(scratchjr)では、タブレットに表示される、プログラミング用のブロックなどの画像を、ドラッグして並べていくことでプログラミングができます。

しかし、分岐や順列、繰り返しをはじめ、形が拡大されたり、縮小されたり、次の画面へいきなりい移り変わったりするような、複数の命令は、区別しずらいと思います。

まだ幼い子供さんだけでは、プログラミングのパーツにセットされている意味が、よくわからないと思いますので、親も幼児のサポートについて、一緒にプログラミングするとよいでしょう。

スクラッチjr(scratchjr)のプログラミングのパーツは、意味が解らないと大人でもモヤモヤします。
幼児の能力を伸ばしてあげるためにも、基本的な使い方は、大人が教えてあげましょう。

プログラミングのそれぞれのパーツの意味や、どんな時にどのパーツを使用すると、効率よいプログラミングができるのかを、最初に幼児に教えてあげるようにしてください。
そのためには、大人の側にも、スクラッチjr(scratchjr)のプログラミングの勉強をしておく必要があります。

スクラッチjr(scratchjr)は、アプリをタブレットにダウンロードすれば、すぐにプログラミングを開始できます。

スクラッチjr(scratchjr)のandoroid系のタブレット版のダウンロードは、googlePlayのサイトからできます↓
グーグルプレイストアから、スクラッチjr(scratchjr)のアプリを探す!

アプリの出どころに注意しよう

スクラッチjr(scratchjr)のタブレット版は、googlePlayのサイトからダウンロードしましょう。
一般的に、出所のよくわからないアプリは、インストールしないようにしましょう。

googlePlayのサイトは、審査済みのアプリが配信されています。スクラッチjr(scratchjr)のダウンロードも、アップル社のサイトやgooglePlayサイト、あるいは、スクラッチjr(scratchjr)の開発元のmitのサイトからダウンロードすることをおすすめします。

sponserd



幼児プログラミング用アプリ-スクラッチjr(scratchjr)

幼児プログラミング用アプリのスクラッチjr(scratchjr)は、絵をドラッグして並べればプログラミングができる、ビジュアル型プログラミングの道具です。

スクラッチjr(scratchjr)では、命令ブロックを横に並べて電車の連結ようにつないでいくと、その塊がそのままプログラミングになります。

元々準備してある、猫や人物、車や家など、さまざまなパーツに命令を紐づけます。
パーツへの命令を作った後は、命令をスタートさせれば、猫や人、車は、まるで動く絵本のように画面の中を動きまわります。

幼児にとっては面白いと思いますが、プログラミングでは順番という概念もとても大切です。
できるだけ、親が一緒に、スクラッチjr(scratchjr)の使いかたを教えてあげてください。

プログラミングで大切な概念とは

■プログラミングで大切な概念
1. スタートはどこから?
2. 順番に実行する
3. 条件で実行順番がかわる
4. 繰り返すことができる
5. 終了はどこ?

1から5までの役割は、人間がきちんと考えて、手順を組んでからプログラムで機械に命令を出します。
人がきちんと考えないプログラムだと、機械が実行した時にロスが大きかったり、危険だったりします。

あくまでも、命令を機械に出して動かすのは、人間なのだという点を忘れないようにしましょう。
スクラッチjrでも、よいプログラミングをすると、出来上がるアニメーションが見やすくなります。

sponserd



プログラムは手順をよく考えて作ろう

ウィンドウズとマックのパソコンでは、デザインも使い勝手もかなり異なります。
これは、ウィンドウズとマックを作る人達が目指した、パソコンが違ったためです。
作る人によって、スマホもパソコンも、煩雑になったりスッキリしていたり、出来上がるものが違ってきてしまいます。

スクラッチjrのプログラミングも、同じです。
どのようなプログラミングをするのか、考え方次第でスッキリしたものにもなれば、余計なループをするものにもなります。

プログラミングは、効率よく動くように命令を組み立てなければ、余計なループ命をしたり、遠回りをしたりして、出来上がったものが効率の悪い動きになります。

人が命令を出してわざわざ機械を使う理由は、機械の方が人より上手に短い時間で仕事をしてくれるからです。

しかし、人が良いプログラムを作らなければ、機械はループを起こしてうまく動いてくれません。効率よく機械を動かせなければ、余計な時間がかかったり間違ったりして、機械を使う意味そのものが無くなってしまいます。

スクラッチjr(scratchjr)の次はスクラッチ(scrat)を!

小学校プログラミング教育が始まりますが、子供たちには、まずはどこで分岐するのか、どこでそのまま処理を進めるのか、といった論理的な思考を身につけてもらうことが目的だそうです。

幼児の時から、分岐などの条件の分かれ目がよくわかっていると、プログラミングの勉強がとても理解しやすくなると思います。

それから、スクラッチjr(scratchjr)の次におすすめなのが、スクラッチ(scratch)です。

スクラッチjr(scratchjr)はタブレット版しかありませんでしたが、スクラッチ(scratch)はパソコン版もあります。

幼児の時にスクラッチjr(scratchjr)でプログラミングを体験した後は、世界的に有名な、子供用プログラミングキットの「スクラッチ(scratch)」で、さらにプログラミングを続けていくとよいと思います。

sponserd