子供のプログラミングの本

子供プログラミングの本も色々出版されて増えてきました。そのなかでもシリーズものになっているものや、海外から輸入された特徴のある本などが目立っています。子供のプログラミングの本は、小学生のプログラミング教育の現場でも参考にされると思います。指導者の方の役に立つ本も含まれていると思いますので、ぜひご覧ください。

子供のプログラミングの本①ルビィのぼうけん」ワークショップ・スターターキット

小学校プログラミング教育の必修化が2020年から始まります。
でも小学校でプログラミング教育をするための教材を探しても、肝心の教材や情報があまり見つからないのではないでしょうか。
この「ルビィのぼうけん」のDVD-ROMとホント教材のセットでは、すぐプログラミング教育で使える支援教材になっています。



「ルビィのぼうけん ワークショップ・スターターキット」の教材セットの内容

「ルビィのぼうけん ワークショップ・スターターキット」の本のキットは、小学校プログラミング教育で、先生や指導者にあたる人が、授業で役立てられるキットです。
また、この教材で使用するプログラミング言語は、ビスケットなどです。

この子供向けの本は、DVDと本と教材がセットになっていて、1クラス約40人分の支援ツールが入っています。

あまりプログラミング教育用の教材が見つからないの指導者の方は、利用してみるとよいでしょう。

また、支援ツールの数が足りない場合は、教材のデータを印刷すれば追加できます。

この教材は、1つの場所で、無料で教育に使用することができます。
営利団体である場合は、無償かつ教育目的での使用ができます。

この本の支援ツールで授業をする場合は、特別の設備などは必要ありません。
お1人で、教室で、実践できます。

プログラミング教育の入門教材として、活用するとよいでしょう。

【ルビィのぼうけん」ワークショップ・スターターキットの特長】
スタートガイド動画と教材データ収録DVD-ROMも入っています。
以下の物がセットになっています。

——————–
・低学年用絵本「ルビィのぼうけん」5歳からが対象年齢です。
・パソコンを使わない教材「アンプラグド教材」
・「3つのワーク」
・実際にどうやって授業をするのかの「授業事例」
・準備についての動画「スタートガイド動画」
・何回でも使用可能な「教材データ」

——————–

この本は、未来のプログラマーに必要なスキルを磨く体験ができるキットです。
もっと詳しい内容は、販売ページでご覧になってくださいね。

子供のプログラミングの本②小学生からはじめるわくわくプログラミング

【対象年齢】
「小学生~」

この本は、Scratch(スクラッチ)でするプログラミングについて書かれています。対象になるのは小学生以降の子供たちです。世界的に有名なScratch(スクラッチ)を使って、ビジュアルプログラミングをする方法について書かれています。

「本の内容の紹介」

この本は、Scratch(スクラッチ)という、アメリカのMITメディアラボで作られた子供用の、無料のプログラミングキットを使ってするプログラミングについて書かれています。

Scratch(スクラッチ)は、無料のアプリをインストールすればすぐに使用開始できます。

この本は、Scratch1.4と、ブラウザ上で動作するScratch2.0に対応したScratch(スクラッチ)をもとにした内容が書かれています。

この本は、阿部和広さんという、Scratchプログラミングの第一人者によって書かれています。
小学校の国語、算数、社会、理科、音楽、体育に関連のあるプログラミングのサンプルがあります。

・”パーソナルコンピューターの父”アラン・ケイ氏の最新エッセイと記念的エッセイを同時収録
・Scratchの開発を率いる、MITメディアラボのミッチェル・レズニック教授によるコンピュータ・リテラシーに関する序文
出版社からのコメント

「小学生からはじめるわくわくプログラミング」は、小学生の勉強科目である、国語、数学、理科などのサンプルがあるので、小学校で開催するプログラミングの授業の指導者の方の役に立つと思います。

実際の小学校プログラミング教育の授業で、具体的に何をどうしようか悩んでおられる指導者の方も、この本を参考の一つにできると思います。