java言語は、プログラミング言語のひとつです。java言語は、世界中で非常に多くの人に使われています。java言語には、多くの人で共同でプログラミングをするのにやりやすい仕組みがあります。このページでは、とても有名なプログラミング言語の、java言語について説明します。

coffee
coffee

スポンサード

java言語

◎java言語の特徴
java言語は、「高級言語」です。
java言語は、オブジェクト指向のプログラミング言語です。

■プログラムを実行するまでの段階
Eclipsなどの、java言語専用の開発環境をセットする。
昔のソフトウェア開発現場では、テキストエディターでプログラムのソース・コードを書き、コンピューターに理解の出来る機械語に変換するため、コンパイラーを使ってコンパイルしてアプリケーションを作成しました。また、デバッガでバグとりをしたり、その他様々な開発支援ツールを用いたりしていました。開発に必要なツールを統合した環境のことを日本語で「統合開発環境」、英語で「Integrated Development Environment」略して「IDE」と呼びます。

※ここが1回目の難関で、これが難しいため、時間が非常にかかったり(数日~数週間など)、セットできなくて先へ進めなくなる人が かなりいらっしゃると思われます。

java言語でプログラムを記述する。

コンパイラでプログラムをコンパイルする。

プログラムが実行できる。

スポンサード

java言語の発祥

javacoffee
javacoffee

java言語は、Sun Microsystems社が作りました。
java言語は、初期のコンピュータ、ハンドヘルド、携帯電話のアプリを動かすための、人気のあるプログラミング言語でした。

サーバーサイドではPHPやJava、Ruby、Pythonなどの言語が使われます。

ちなみにJava、Python、Ruby、C#、C言語などは、コンパイラという、「プログラムを変換するためのプログラム」を使う必要があります。
※プログラムを、機械語『機械が実行できる情報の状態(0と1の数字の並び)』にするために、何度も「プログラムを変換するためのプログラム」を使う場合があります。

さらに、コンパイラを使ったコンパイルが必要なプログラミング言語の中でも、さらに、コンパイルの手間が楽な物と、手間がかかるものの、差があります。

こういう差異が、プログラミング言語を使ってプログラムを実行するまでの、手間の差になります。
java言語は、プログラムを作る手間は、どちらかというと大きい部類のプログラミング言語です。

スポンサード

java言語の良い点

coding
coding

java言語を使ったプログラム作りでは、●OSを選ばないでプログラミングができる、●Eclipsなどの無料で利用できる開発環境がある、などの大きな利点があります。

この利点によって、java言語でプログラム開発をすると、経営者から見て「プログラム作成にかかる費用が安くて、プログラマ育成の個別勉強にかかる時間が少なく」て済みます。

きちんとした知識を持ったプログラマを揃えるためには、費用と時間がとてもかかります。

例えば、「このプログラムの開発では、〇〇言語の検定●級以上のプログラマを▲パーセント以上揃えること」といった要求を満たさなくては、プログラムの開発に参加資格が与えられない場合があります。

このように、java言語には、導入のしやすさや、プログラミング言語のコードの記述をOSごとに変えなくてよいという強みがあり、今も世界中で、非常に多くのプログラマによって、使われています。