学習ロボットをつくるの口コミや評判

学習ロボットをつくるの口コミや評判には一体どんなものがあるのあるでしょうか?学習ロボットは子供が自分で組み立てる自作ロボットキットです。プログラミング教育とロボットの組み立てができるキットですが、気になるのが「学習ロボットをつくる」の、口コミや評判です。

スポンサード

学習ロボットをつくる 口コミや評判とは?

学習ロボットをつくろう1
学習ロボットをつくろう1

学習ロボットをつくるの口コミや評判は、2018年10月初旬現在には、まだあまり見られません。

今は、学習ロボットをつくるの、創刊号、1号、2号、3号、4号と発売されて、「学習ロボットをつくる」を購入した方たちが、やっと最初のロボットのパーツを組み立て始めた段階でしょう。

「週刊●●をつくろう」という週刊ロボット組み立てシリーズは、創刊号である1号のパーツだけでは、あまり、何も組み立てられないような状態だと思います。

理由は、ロボットを組み立てるパーツの数が少ないということです。
「週刊●●をつくろう」という週刊ロボット組み立てシリーズは、いくつか号数がないと、ロボット組立というほどの作業ができません。

学習ロボットをつくるの口コミや評判は、もう少し時間が経過すれば、たくさん書きこまれていくと思います。

ただ、「週刊 学習ロボットをつくる」ではありませんが、過去にいくつかの週刊ロボット組み立てシリーズが発売されたときの口コミや評判はどうだったのでしょうか?

週刊ロボット組み立てシリーズ評判や口コミになる共通点らしき点がありますので、紹介していきます。

スポンサード

学習ロボットをつくる 口コミや評判①発売直後の口コミ

「学習ロボットをつくる」の口コミや評判は、創刊号発売からまだ時間が経過していないため、まだ書き込みが見られません。

しかし、週刊ロボット組み立てシリーズの販売スタートの時期には、同じような体験をしている方もいらっしゃると思います。

よって、過去の「週刊ロボット組み立てキットシリーズ」の発売直後の口コミや評判を見ていきましょう。

私は、ロビ、ロビ2、アトムを作ろう、を購入してみましたが、1号だけではあまり何もできません。

実際にキットを開封した時の、私の口コミ・評判は、「パーツを触ったりながめたりして、一緒に付いてくる情報マガジンを見ることはできますが、作業としては、まだ準備段階」といった感じでした。

スポンサード

週刊ロボット組み立てシリーズの最初のパーツで実感することとは?

学習ロボットを作るは身長約40cm
学習ロボットを作るは身長約40cm

週刊ロボット組み立てキットの創刊号(1号)を購入して、最初にわかることは、ロボット全体を組み立てる、パーツのサイズです。

週刊ロボット組み立てシリーズの最初の号には、ロボット組み立てキットの頭部のパーツが入っていることが多いです。これを見ると、今から組み立てるロボットの大きさの、実感がわきます。


逆の言い方をすると、自分が作るロボットの全体の高さは、購入前に押さえておいた方がいいです。
組み立てていくロボットは、はたして自分の作りたいサイズなのか、後からわかるよりも、最初にわかっている方が良いと思います。

・ロビ→頭が手にコロンとのるくらいなので、大きめだった。
・アトム→これも、頭が手にコロンとのるサイズで、大きめだった。
・ジェイダイトRC→全体が小さい。顔のパーツは数センチだった。非常に細かいな、という印象だった。

このように、週刊ロボット組み立てシリーズでは、創刊号の1号を見ると、自分がこれから組み立てるロボットのサイズが、だいたい予想できます。

スポンサード

週刊●●シリーズの創刊号(1号)の共通的な口コミ・評判

週刊●●シリーズの創刊号(1号)を手に取った時の口コミ・評判は、次のようになります。
・付録がたくさんで楽しい。
・マガジンも読むことがたくさんあって、期待が膨らむ。
・でも、実際の組み立て用のパーツは少ないな。
・もっと、ロボット組み立て作業らしい、組立をしたかったので物足りない。
私の場合は、だいたい、いつも、このような印象になりました。

また、私から見ると、「学習ロボットをつくる」の大きさは、サイズが小さすぎず、ロボット組立の充実感も得られるように見えました。

手前味噌ではありますが、口コミ・評判の参考になさっていただければと思います。

週刊ロボット組み立てシリーズを創刊号(1号)から6号まで一気に購入した人の口コミ・評判

ロビ2、30cm位の組み立て二足歩行ロボット
ロビ2、30cm位の組み立て二足歩行ロボット

次の口コミや評判は、ロビ2という週刊ロボット組み立てシリーズを1号から6号まで一気に購入した方のレビューです。

■amazon通販の口コミや評判
【「ロビ2」の創刊号から6号までを購入した人たちの口コミや評判】
週刊シリーズで、可愛いロボットと人気だった、ロビ2については次のようになっていました。

悩んだけど。買って正解
高額なので買うまで相当悩みました。何度も本屋に行き、ため息ついてましたが、、、ヤフーだとTポイント還元あるし、、、と思いキヨブタで買って超満足。むちゃくちゃ楽しいです。完成が待ち遠しいわ(*’▽’*)★の評価数5.0

2017年10月15日 10時26分
最終刊まで、購入する予定。
インターネットを見ていて本店舗に巡り合いました。早速創刊号からの買い物籠を購入。店舗の対応及び連絡とも非常に良いです。最終刊まで、購入する予定ですので、宜しく願います。★の評価数5.0

2017年11月20日 13時18分
素早い対応力
返信メールが丁寧でした。スピード発送に驚き。しっかりした梱包でしたよ。これから、造るのが一番の楽しみです。★の評価数5.0

2017年07月17日 15時09分
とてもよかったよ^^説明書も読みやすか…
とてもよかったよ^^ 説明書も読みやすかったよ^^。★の評価数5.0

この口コミや評判を書き込んだ方たちは、1号から6号までセットで購入していました。
6号分の週刊組み立てロボットシリーズが手元にあったので、組立をする醍醐味(だいごみ)を楽しめたのだと思います。

「週刊●●シリーズ」の口コミ・評判をまとめると、参考になる点は次のようになります。

ロボット組み立てシリーズは1号と2号だけだと組み立てが物足りない、けれど、もう少し組立パーツがあると、面白くなってくる。ということのようです。

スポンサード

「学習ロボットをつくる」は、何号あれば組み立てが「実感」できるのか

ロボット組み立てのモチベーション
ロボット組み立てのモチベーション

週刊組み立てロボットシリーズが1号だけ、あるいは、1号と2号、のように、少ない号数では、パーツもそんなに数が揃っていないので、ロボット組み立て作業としては、物足りなく感じるかもしれません。

「学習ロボットをつくる」シリーズでも、号数が揃ってくるとやりがいが出てくるかもしれません。
「学習ロボットをつくる」の創刊号(1号)は190円なので、2号くらいまでならば、最初に一緒に購入しても損はしないのではないかなと、私は思います。

スポンサード

「学習ロボットをつくる」を本気で完成させたい人へは定期購読がおすすめ

定期購読
定期購読

ただし、本気で自分で完成させたい方は、定期購読で全部予約注文しておいた方が、特典の受け取り漏れや各号の購入忘れがないので(「学習ロボットをつくる」キットがすべて、直接、自宅に届くので)お得でしょう。

私の印象では、週刊組み立てロボットシリーズに興味を持つ方は、もともと勉強熱心な方が多いと感じます。

最初に、何度も組み立てシリーズの情報を集めて、各号の値段やロボット全体を組み立てるのにかかる総額の値段を気にしつつも、やっぱりロボットを組み立ててみたい!という気持ちで、ご自身の手でロボット組み立てに着手なさる方が多いと思います。

週刊ロボット組み立てシリーズも、本当に一番最初の「二足歩行ロボット、ロビ」から2年は経過しており、ロボットキットの内容やサポートも充実してきたように感じられます。

スポンサード

ロボット作りの基本的知識は必須の時代が来る

ブロック組み立て
ブロック組み立て

これからは、もっとロボット組み立てやプログラミングの必要性が拡大していきます。

全世界でロボット教育が始まっていますので、ロボットやプログラミングの、基礎的な知識や勉強はしておかなければ生きていくうえで不利になる可能性が高いです。

ユーチューブ動画を見ると、アメリカではレゴを使用したロボット組み立てをよくやっているようです。

日本だけでなく、ブロックを使ったロボットが人気になってます。
「学習ロボットをつくる」ではブロックも使用していますし、やってみると非常に勉強になると思います。

スポンサード

ロボットの、ブロック組み立て型キットの口コミや評判

週刊「学習ロボットをつくる」シリーズのように、ブロック組立面白さをロボット作りに組み込んだ組み立てキットがたくさん発表されるようになってきました。

一番幼い、幼児・幼い子供向けとしては、日本製だとソニーのkoov(クーブ)なども、ブロックを使っています。

週刊「学習ロボットをつくる」だけではく、ロボットの、ブロックを使用する組み立て型キットの口コミや評判は、良いものが多いと思います。

ロボットやプログラミングの学習がさけられない中で、「幼児や子供が楽しめるキット」に、ブロックがあります。ブロックが含まれるロボット作りは、親も子も、夢中になるきらいがあります。

レゴがもう軽く50年くらいは大人気がすたれないままなのは、ブロックを使った組み立てそのものが、本当に面白いからだと思います。

プログラミング言語
プログラミング言語

また、週刊「学習ロボットをつくる」では、プログラミングの面では、「スクラッチ」というビジュアル型プログラミングができるようになっていますが、このプログラミング「スクラッチ」は世界で一番有名な、子供向けのプログラミングのキットです。

このように、週刊「学習ロボットをつくる」シリーズは、子供たちが人生で、先々引き続き使用できると思われる技術を盛り込んであるようです。

「学習ロボットをつくる」の各号へ対応した「スクラッチ」プログラミングツールのダウンロードサイトはここをクリックすると開きます!

もし、週刊「学習ロボットをつくる」だけでなく、あなたのやりたいロボットキットがあるならば、ぜひ挑戦することをおすすめします。

スポンサード





More from my site