学習ロボットを作ろう

「学習ロボットを作ろう、という子供向けのロボット組み立てキットが発売されました。ロビやロビ2、そして鉄腕アトムのような週刊シリーズで、名前は「週刊 学習ロボットをつくる」といいます。このキットは、プログラミング的にも物理的な組み立ても、かなり本格的なロボット作成キットになっています。興味のある方は、ぜひ、学習ロボットを作ろうではありませんか。

スポンサード

「週刊 学習ロボットをつくる」で学習ロボットを作ろう

「週刊 学習ロボットをつくる」で学習ロボットを作ろうと思ったら、書店でこのキットを購入する必要があります。

「週刊 学習ロボットをつくる」は、2018年8月29日に販売を開始したロボット組み立てキットで、ロボットのパーツは、「週刊 学習ロボットをつくるシリーズを順々に購入していって、少しずつ入っているパーツを組み立てていくことになります。

一見レゴのように見えますが、中には電子部品も組み込んでいくことになります。
組立パーツには、恐らく、非常に細かいものも多く含まれるはずです。

スポンサード

「週刊 学習ロボットをつくる」の部品について

私が、週刊アトムを作ろう、や、ロビ、ロビ2のキットを購入した経験から言うと、週刊シリーズの二足歩行ロボットのパーツには、使うねじなどは一般のサイズではなくて、とても小さいものが入っていました。

また、プラスチックで薄いパーツは、熱や圧迫で歪みやすいので、丁寧に取り扱う必要があります。かみ合うはずのパーツ同士がかみ合わないと、上手にロボットを作っていくことができません。

一度開封したら、パーツの歪みを発生させないように、保存を丁寧にすることと、なるべく早く組み立てに入ることをおすすめします。
例えば、太陽熱の当たる窓辺に、何かと一緒に重ねて、「週刊 学習ロボットをつくる」のプラスチックパーツや電気部品を置いておくことは、おすすめできません。

ロボット組み立てキットのパーツたちは、思ったよりデリケートな物だと頭に入れておいた方がいいです。(金属部品ではないパーツは、金属のようには強くありません。)
細かいパーツを入れておく、蓋つきのプラスチックケースなどがあると便利だと思います。

More from my site