小学校プログラミング教育の事例がわからない

小学校プログラミング教育の事例がまだわかりません。(2018年4月の情報)小学校のプログラミング教育が2020年から開始します。でも、具体的に何を教育するのかまだプログラミング授業の事例がありません。小学校のプログラミング授業対策のプログラミング教室などについてご紹介します。

【目次】へ

スポンサード



スポンサード

小学校プログラミング教育では何をするのか親も教師もわかっていない

【目次】

小学校プログラミング教育の事例がわからない
小学校プログラミング教育の事例があるのか
小学校プログラミング教育では何をするのか親も教師もわかっていない
子供向けのプログラミング教室はあるのか
小学校プログラミング教育の事例がなくても親が子供にできる事
小学校プログラミング教育の事例はゼロからスタート


「小学校プログラミング教育の事例」について、小学校のプログラミング教育の内容について、教師が小学生の親に訊かれても何と答えたらよいのか・・。教師の立場でも、具体的に小学生へ教える事例がわからない人もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

プログラミング授業を行わなければいけない教員の立場であっても、実は一体何をすればいいのかわからないという人もおられるのではないでしょうか。
それも仕方がないのです。なぜならば、まだ一回も小学校でプログラミングの授業が開催されていおらず、文部科学省のわずかな説明書があるのみだからです。

小学校プログラミング教育は未だ開催されておらず、事例そのものがありません。
こんな状況の中では、文部科学省の指南書の中から、小学生のプログラミング教育に使えそうなわずかな具体的な事例を参考にして、自分が小学生のプログラミング授業を行う第一号となって授業内容を考えてやってみるしかないのではないでしょうか。

私が探してみると、文部科学省のプログラミング授業の事例は、少しだけ具体的な情報がありました。
そのプログラミング授業の参考事例を、分析して追記できるものは追記していきます。
今、小学校プログラミング教育の事例を見つけました。
↓↓↓↓↓↓
小学校プログラミングで使うプログラミング的思考の実例

では、その他の情報を先に紹介していきたいと思います。

小学校プログラミング教育では何をするのか親も教師もわかっていない

小学校プログラミング教育の準備をしている教師だけでなく、小学生の子供を持つ親も、「わが子の小学校プログラミング教育に備えてあげたいとは思う。でもどうすればよいのかわからない。」のではないでしょうか。

「わが子が小学生だが、子供のプログラミングに一体何を教えたらいいのかわからない。」
「そもそも、どういったプログラミング教室があるのか情報がわからない。」
「子供向けのプログラミングがあったとしても、どのコースが小学生向けのプログラミング教室なのかわからない。」
このように、親自身がプログラミングをしたことがないので、自分の子供をどこに連れて行って何をさせればいいのかわからない方も数多くいらっしゃるのではないでしょうか。

親の世代ではプログラミング教育は必修ではなかったどころか、小学校ではプログラミングの授業などというものは全く存在しなかったのです。
だから2020年に小学生のプログラミング教育が必修化が決まったことはわかっていても何を準備すればいいのかわからない。わが子の小学生用のプログラミングに必要な教材も、何を購入すればいいのかも、おそらく全く分からないと思います。

同じように、今の小学生の親と同じ世代より上の教員の方も、多くの方はそんな状態なのではないでしょうか?

子供向けのプログラミング教室はあるのか

小学校プログラミング教育の事例が全くない中、一般のロボット教室なら小学生にもプログラミングを教えてくれるコースがあるのでは?と思いませんでしたか。
では、頼りになりそうな 一般企業の開催する小学生が対象のプログラミング教室はどうなっているのでしょうか。

2020年の必修化前に、小学校プログラミング教育の認識度が上がってきました。そのおかげで、全国に、小学生向けのプログラミング教室が増えてきています。

Z会、ヒューマンアカデミー、などの名前は聞いたことがあるのではないでしょうか。
このような大手の子供向けのロボット組み立てコースの中に、プログラミングも含むコースが少しずつ見られるようになりました。(※2018年4月現在の情報です。)

また、大人も子供も参加できる教室や、動画で学べるコースもある、テックスクールなどの、プログラミングを扱う比較的新しい会社も、小学生のプログラミング分野に参入してきているようです。

その他にも、日本全国に色々なプログラミングコースがあり、開催される子供向けのコースも増えてきつつあります。

私の家から5分のメイン道路沿いにも、ヒューマンアカデミーの子供向けのロボット教室が開かれており、複数の子供たちが先生と一緒にロボットを組み立てているのでしょうか。

私がヒューマンアカデミーの子供向けロボット教室の前を通るときには、たまにですが、指導の先生と子供たちが、真剣に机に向かって作業をしている様子がうかがえて、とてもほほえましいです。

その様子からすると、私の想像ではありますが、子供たちが先生とともにロボットを組み立てる作業は、きっと楽しいものなのでしょう。

子供の時に夢中に何かを組み立てた思い出は、大人になっても思い出すだけで楽しくなる貴重な宝物になると思います。

小学校プログラミング教育の事例がなくても親が子供にできる事

このように、子供向けのプログラミング教室は日本全国で幾分見つけられるようになってきました。
しかし、それらのプログラミング教室で学ぶ内容が、小学校プログラミング教育と一致しているのかわからないという悩みがありませんか。

今はまだ小学生プログラミング教育の実際の事例がないため、一般のプログラミング教室で実施されているプログラミングの内容が、小学校のプログラミング教育と一致した方向性なのか、具体的に比較ができないのでよくわかりません。

一口に小学校のプログラミング教育が始まるといっても、このように、本当に手探り状態だと思います。

親は小学生のわが子にどんなプログラミング教育を子供に与えてあげればいいのでしょうか。
それは、今の段階でやれることは、「子供を小学生向けのプログラミング教室へ子供を通わせる。」もしくは、「子供向けのプログラミングの本を購入する、よく知られている子供向けのプログラミング言語のキットを購入する。」などを自分の選択でやっていくことだと思います。

小学校プログラミング教育の事例はゼロからスタート

2020年から、小学校のプログラミング教育が必修化されます。
しかし、文部科学省の示した教育指示書も、具体例は多少例として公開されたものの、基本方針では抽象的な内容が出されたのみです。

具体的なプログラミングの事例は、手探りでゼロからスタートするのでしょう。
ですが、今すでに小学生向けのプログラミング教室は開催されていますので、勉強の対策には、それらの教室を利用するとよいと思われます。

■この記事を読んだ方にはこんな記事も読まれています。

小学校のプログラミング教育の事例
小学校プログラミング教育の事例がわからない
小学校のプログラミング教育の具体例

スポンサード



More from my site