呂敏(ロビン)さんの筋肉番付


呂敏(ロビン)さんの筋肉が話題になっています。
呂敏(ロビン)さんは運動が好きで、筋肉も引き締まって素晴らしい体をしていらっしゃいます。
呂敏(ロビン)さんは俳優と、モデルもやっていますね。

呂敏(ロビン)さんのプロフィールはこちらをどうぞ

もともと、呂敏(ロビン)さんは文武両道の真面目な高校へ通っていらっしゃいました。
呂敏(ロビン)さんは、純粋に運動がお好きだったので、結果的に筋肉質の体形になったのだと思います。

呂敏(ロビン)さんは、今は、モデル兼俳優として、オスカープロモーションへ所属していますが、だんだんと芸能活動の回数が増えて行っているようです。
今ちょうど、呂敏(ロビン)さんの筋肉の美しさが話題になってます。

呂敏さんのイメージ画像光と一緒に
呂敏さんのイメージ画像光と一緒に

呂敏(ロビン)さんは、過去に、『究極の男は誰だ!?最強スポーツ男子頂上決戦』(きゅうきょくのおとこはだれだ⁉ さいきょうスポーツだんしちょうじょうけっせん)という、TBSの不定期スポーツ特番へ出演されました。
この番組の、略称は、「スポダン」です。

この「スポダン」は、男性芸能人が、運動能力を用いた各種目に挑戦するスポーツバラエティ番組で、内容は「より美しく、より逞しく。」をコンセプトにしているそうです。

呂敏(ロビン)さんは、スポダンへの出場は4回で、「ハワイから来た脚力No.1」として紹介されています。
第3回大会に出場時には、呂敏(ロビン)さんは、初挑戦にしてマウンテンフラッグとハードアンカーで決勝進出、モンスターボックスでは18段の記録を叩き出すも、パワーウォールでは初戦でKENZOと当たり、敗北しました。

呂敏(ロビン)さんは、跳び箱はなんと18段も飛ぶんだそうです。!!

8段の間違いではと思いますが、呂敏(ロビン)さんが飛べるのは、18段です。
モンスターボックスという跳び箱の競技で、18段を飛んでいます。

また、呂敏(ロビン)さんは身長180センチ~と、背も高い上に運動ができるので、恐ろしいほどの跳躍ができるのですね。

ちなみに、モンスターボックスの世界ギネス記録は、23段か24段だったと思います。
ギネスの男性の方は、凄い筋肉をしていらしましたよ。

男性と女性では、体の構成が違いますので、筋肉という点では、男性が有利ですね。
跳び箱ギネスの世界記録保持者の男性の方は、特に胸の筋肉が盛り上がっていましたよ。

呂敏さんの似合いそうな綺麗な海の画像
呂敏さんの好きそうな綺麗な海の画像

こちらは呂敏さんが本当に綺麗なビーチにいる様子。ここをクリックすると見ることができます。

このように、呂敏(ロビン)さんは、モンスターボックス(跳び箱)18段を飛び越えましたが、どう考えても、ただ運動が得意なのではなくて、スーパー級に運動神経が良い方のようです。

スポンサード




スポンサード

呂敏(ロビン)さんの筋肉は運動で作られた?

呂敏(ロビン)さんはサッカーをはじめとする運動が大好きのようです。
サッカーは長距離を走ってボールを追いかけるスポーツで、男性の体形は、どちらかというととてもスリムになります。
余計な脂肪がない状態で、筋肉が引き締まります。呂敏(ロビン)さんも無駄な脂肪が一切なさそうな体つきで、筋肉も引き締まっているタイプですね。

サッカーは、多くの方は、筋肉が隆々につくのではなくて、とても効率よく長時間競り合える体つきになります。

ラグビーやフットボールもボールを追いかけますが、そちらの競技の選手は、筋肉隆々の体になっている人が多いと思います。
使う筋肉が違うので、体つきもがっしりとなるようです。
学生サッカーではなくて、プロになって、世界の強豪と戦うような環境の選手は、がっしりした筋肉のついた体型になっています。サッカーといえど、さすがに世界相手では、体につける筋肉ももりもりになっていってます。

呂敏(ロビン)さんは、サッカーとフットサルが好きだと、ご自身のアメブロに書いています。
呂敏(ロビン)さんは究極に引き締まった筋肉体系でいらっしゃり、その美しさが今話題になっているんですね。

呂敏(ロビン)さんはお優しそうな男性ですし、ただダイエットしたのではなくて、健康的にスポーツをして引き締めた筋肉が素敵だ、ということで女性のファンが話題にしているのかもしれません。

呂敏さんの好きそうな綺麗な海の画像
呂敏さんの好きそうな綺麗な海の画像

呂敏さんは筋肉質。本当に綺麗なビーチにて。ここをクリック

呂敏(ロビン)さんの筋肉はスピアフィッシングでも鍛えられた

スピアフィッシング(英語: spearfishing)とは、素潜りで銛や水中銃を用いて魚類を捕らえる水中スポーツの1つです。
スピアフィッシングは、世界水中連盟による世界選手権をはじめ、欧米やオセアニアではさまざまな規模で競技会が開催され、マリンスポーツの1つとして親しまれているれっきとしたスポーツなのです。

呂敏(ロビン)さんの趣味の一つに、スピアフィッシングがあります。
呂敏(ロビン)さんが、スポーツとしてのスピアフィッシングに参加できるなら、お魚を追いかけて素潜りしているだけでも筋肉が引き締まりそうですね。
美しい海へ入ると、海の綺麗さや生き物の綺麗さで、時間を忘れそうですね。

呂敏(ロビン)さんはスポーツとしているスピアフィッシングですが、自然の海の中で、水中銃などを使って魚類を捕まえるのは日本ではNGです。
日本では法律で「水中銃の携帯ができません。」

美しい海の中の画像
美しい海の中の画像

呂敏(ロビン)さんが海外をよく訪れていますが、自然が好きなのではないでしょうか。
いくら水中銃を使うとはいえ、わざわざ海へ行って、素潜りで魚を追いかけるのは体力があるからできる事。
呂敏(ロビン)さんのやっているスポーツは、筋肉が引き締まりそうなものが多いですね。

呂敏(ロビン)さんのブログやツイッターでは、呂敏(ロビン)さんが自然の中にいらっしゃる写真が良く紹介されています。
呂敏(ロビン)さんは、キャンプもお好きらしく、大学からは、海外へ進学しただけあって、美しい自然をたくさん経験したのかもしれませんね。

スポンサード




呂敏(ロビン)さんの握力は米袋5つ分

呂敏(ロビン)さんは 握力が右手が50キロ、左手が47キロ。

例えば、運動をあまりしていない女性ですと、片手20キロくらいの人もいます。指に筋肉がないからあまり強くは握れないのです。

呂敏(ロビン)さんは、筋肉のついていない女性の2倍ほどの握力です。

指の筋肉で50キロというと、お米の10キロの袋が5つ分です。
呂敏(ロビン)さん、指の筋肉とはいえ、握力50Kgは、凄いと思います。

あ、でも、女性でも、バスケットボールなどで”うんとうん”と鍛えれば、50Kgほどまで握力が付けられますよ。
指にもきちんと筋肉が付き、人によって握力に大きな差が出ます。

握力のイメージ画像
握力のイメージ画像

呂敏(ロビン)さんの背筋は151キログラム。
呂敏(ロビン)さんの背中の筋肉は、151キログラムの重さと同じ力が出せんですね。収縮力が151キログラムもあるんですね。
呂敏(ロビン)さんは、運動しているおかげで、背中の筋肉もしっかり付いているから、背筋力がこんなにあるのでしょうね。

呂敏さんのイメージ画像光と一緒に
呂敏さんのイメージ画像光と一緒に

呂敏(ロビン)さんは、自分のアメーバブログで、趣味について次のように書いていらっしゃいます。
趣味:フットサル(スポーツ全般)、読書、買い物、キャンプ

やはり、スポーツが大好き。呂敏(ロビン)さんは、運動神経は抜群で、テレビの運動能力を競う番組でもその運動能力を発揮しています。

TBSの番組「究極の男は誰だ!?最強スポーツ男子頂上決戦」では成績が良いときには、総合3位と健闘しました。
呂敏(ロビン)さんはモデルもなさっていますので、今後は、運動番組やモデルの雑誌などで、引き締まった筋肉を披露するかもしれませんね。

スポンサード




筋肉女子について


今、筋肉女子というのが流行ってきました。

筋肉女子は栄養管理もしている
筋肉女子は栄養管理もしている

女性はダイエットしなくてはいけないのではと強迫観念のような焦りを持って生きている方がたくさんいらっしゃると思います。

ダイエットしても、リバウンドを繰り返し、拒食症になってしまう人までおられると思います。

ダイエットは、私も経験があります。
でも、運動しすぎも、食事の減らしすぎもNGでした。

運動しすぎの時は、栄養も取らずにだったの、体も心も消耗して大変でした。
栄養を摂らないと、脳が低栄養状態になって、気力が出なくなります。

ダイエットを続けたり、無理な食事制限をしていると、「脳にも栄養がいかなくなり、気力が出なくなります。」
こうなると、動きだけでなく、頭を使う作業でもぼーっとしたり遅くなったりして、周りの他者へも迷惑をかけます。

呂敏さんは色んなスポーツをなさっていますが、栄養も取っておられたのではないでしょうか?そうしなければ、スポーツを継続する体も心も維持できないからです。

女性も、筋肉女子ではありませんが、栄養と筋肉を持続して保持していくダイエットならば、長く続くと思います。

何より、脳を健康に保つには、筋肉で血液を循環させなくてはいけません。
水分だけ減らしたりしても、筋肉が中れば、体重が減ったとしてもつまむと肌をぷよぷよ痩せのリバウンドになってしまいます。

筋肉をキレイにつける事であったり、勉強やスポーツだってそうですが、長く続ける時には、とにかく、続けられるような方法でやることが大切だと思います。

無理してブチット終わらざるを得なくなるよりも、休憩があっても、中断があっても できる時にとにかくやり続けてみて、細く長くで全然OKだと思います。

呂敏さんはモデルをしておられるので、当然キレイなからだで筋肉だって意識してつけておられるかもしれません。

女性も、栄養の知識もインプットしたうえで、体を本当に大切にしてダイエットするといいかもしれませんね。

■■■この記事を読んだ方には、こんな記事も読まれています■■■

呂敏さんの高校

スポンサード




More from my site