ビジュアル型プログラミング

小さな子供たちでも、プログラミング(機械などに命令を与える命令書)を作ることができるように、簡単に使えるように工夫がされている道具があります。

有名な子供用のプログラミングの道具は、スクラッチ、といいます。
ちまたの子供のプログラミング教室の教材では、スクラッチを使っている場合も多いです。

小学生が授業で使うとしたら、おそらくスクラッチのような、ビジュアル型プログラミングの教材だと思います。

ビジュアル型プログラミングとは

ビジュアル型プログラミングとは、文字を入力してプログラムを作るのではなく、マウスのドラッグなどでプログラムの部品を並べ直して、プログラムを作ることができる道具です。

ビジュアル型のプログラミングのやり方でも、大丈夫なの?と思うかもしれません。
パソコンでやタブレットで、マウスで部品をドラッグして並べても、立派な命令(プログラム)が作れるので大丈夫です。

具体的には、スクラッチという道具があります。
他にも、複数のビジュアル型プログラミングの道具があります。

子供たちのプログラミング入門には、こういったビジュアル型プログラミング言語の道具を使うことがおすすめです。