週刊鉄腕アトムを作ろうの発売日程や価格など

週刊鉄腕アトムを作ろうの発売日程や価格などをご紹介します。
週刊鉄腕アトムを作ろう の、発売日程や価格、総額、機能の総合情報などをこのライフハックブログでも取り上げて行こうと思います。

【目次】総合

  1. 週刊鉄腕アトムを作ろうの「毎週の発売日」と、「価格」をまず知りたい
  2. 週刊鉄腕アトムを作ろうは、全部で何巻あるの?
  3. 週刊鉄腕アトムを作ろうは、どこで販売しているの?
  4. 週刊鉄腕アトムを作ろうのロボットの、アトムの大きさは?
  5. 週刊鉄腕アトムの機能では何ができるのか
  6. 週刊鉄腕アトムのクラウドAI機能
  7. ロボットの週刊鉄腕アトムの会話の機能
  8. ロボットの週刊鉄腕アトムのハードウェアには何が付いているの?
  9. ロボットの週刊鉄腕アトムは5つの企業が作っている
  10. ロボット鉄腕アトムとプラモデルとの違い
  11. 週刊鉄腕アトムのパーツを、ガンダムのプラモデルと比べると
  12. 週刊鉄腕アトムの心臓は「ラズベリーパイ3」
  13. ラズベリーパイは色々なパーツを繋いで動かせる
  14. 家電の性能は本当はバカにできない。電気はつまり、原子の中の「電子の移動」で動く
  15. ロボットと人間の違いとは
  16. 週刊鉄腕アトムで紹介されるロボット情報について
  17. 週刊●●シリーズの特徴について
  18. 週刊鉄腕アトムの充電チェアについて
  19. 週刊鉄腕アトムのデザイン(表情)にハッとする理由
  20. 私が、小さな挑戦は素敵だと思う理由

スポンサード



週刊鉄腕アトムを作ろうの「毎週の発売日」と、「価格」をまず知りたい



↑↑ 週刊鉄腕アトムの創刊スタートの説明動画です。
このページは、この動画を中心に、「週刊 鉄腕アトムを作ろう」を文章としてわかりやすくしたものです。

●「週刊鉄腕アトムを作ろうの発売日」
程週刊鉄腕アトムを作ろうの発売日程は、「毎週火曜日」発売(首都圏を基準としています)です。

●「週刊鉄腕アトムを作ろうの価格(各号の単品の価格)」
週刊鉄腕アトムを作ろうの価格(単品)は次の通りです。
「4月4日発売の 創刊号」・・・特別価格になっていて、本体が 税別で 830円です。
「週刊鉄腕アトムを作ろうの 通常号」・・・価格は、本体が 税別で 1843円です。

※週刊鉄腕アトムを作ろうは、発売号によって、一部高価格の物があるそうです。
価格については、シリーズガイドをご覧ください。とのことです。

◎ここから先は、「週刊鉄腕アトムを作ろう」キットの 様々な機能など、色んな事を詳しくご紹介していきます。

週刊鉄腕アトムを作ろうは、全部で何巻あるの?


週刊鉄腕アトムを作ろうのロボット作成キットは、「全 70巻」です。

週刊鉄腕アトムを作ろうは、どこで販売しているの?


販売場所は、主に 書店を中心に売られています。

具体的には、「全国書店、ネット書店、講談社のONLINE STORE(直販サイト)」で発売されています。

週刊鉄腕アトムを作ろうのロボットの、アトムの大きさは?


週刊鉄腕アトムを作ろうの、ロボットの、アトムの大きさは、3分の1のスケールです。
大人の手だと、週刊鉄腕アトムの頭がちょうど、「片手に コロンとのる」くらいのサイズです。
※後で情報を追加する可能性あり

週刊鉄腕アトムの機能では何ができるのか

週刊鉄腕アトムには、次のような機能があります。

・家族の顔を覚えます
・二足歩行します
・歌って踊ります
・百人一首を読み上げます
・人とコミュニケーションをとり成長する
・子供から大人まで、相手によって異なる会話ができる

【週刊鉄腕アトムが、人によって会話を変える例】
父に対して
 ロボット鉄腕アトムへの質問 「その日のスケジュールを聴く」と、
 鉄腕アトムの答え「10時から会議、15時からプレゼンテーション…」と今日の予定を教えてくれる

母に対して
 ロボット鉄腕アトムへの質問「スーパーの、今日の特売を教えて」、 
 鉄腕アトムの答え「今日の特売は〇〇です。お店は△△店です。情報は(あなたへ)送っておいたよ」

などなど、週刊鉄腕アトムは、ロボットとして 今まで発売されたロボットたちより上手に普通に話します。
過去のロボットよりは、話し方にぎこちなさが減って、より普通の人間との会話ができるようになったようです。

スポンサード



週刊鉄腕アトムのクラウドAI機能


ネット接続で得た情報を ロボット鉄腕アトムが自然な会話で伝えるのは「クラウドAI機能技術」のおかげです。

週刊鉄腕アトムが「人との会話でを 状況に応じて上手に答えられる」のはなぜでしょうか。
それは、週刊鉄腕アトムが 「クラウドAIで受け答えするシステムを使っている」からです。

クラウドAIの部分は、週刊鉄腕アトム規格へ参加している企業で分担しています。
データと無線通信を 高速で、会社と会社で連携させて その場で会話を作り出しています。
このように 週刊鉄腕アトムの会話などは、複数の会社の技術を連携させて その場で答えるべき文章を作り出しています。

これ以上のクラウドAIの詳しいことは私にはわかりません。
専門的知識をもったプロが集まって技術をやっているのでしょう。
概要は、データの収集と、そのデータの使い方通信機器とのやりとりや、プログラミングの合成でしょう。

ロボットの週刊鉄腕アトムの会話の機能


ニュースを教えてくれる
YouTubeに接続する
絵本の読み聞かせができる
60か国で挨拶できる

※インターネットに接続できるWi-Fi環境と、月額のサービス料が必要だそうです

会話のタイミングはLEDで教えてくれます。

ロボットの週刊鉄腕アトムのハードウェアには何が付いているの?


ロボットの週刊鉄腕アトムのハードウェアは、なんと、ドライバー一本で組み立て完了できます。

「↓↓ ハードウェアの一部の紹介 ↓↓」
カメラを搭載している
胸の2.4インチ液晶ディスプレイ
サーボモータは沢山ある(関節の滑らかな動きを作る)
メインボード(心臓部分には、ラズベリーパイ3が組み込まれている)
VAIOの技術
フロントエンドAI搭載(クラウドAIのテクノロジー使用で、即座に受け答えする会話システムを使用)

ロボットの週刊鉄腕アトムは5つの企業が作っている


次の5つの企業が 具体的な技術を、総合合体してできたロボットが 「週刊鉄腕アトム」です。
・手塚プロダクション(キャラクター)
・NTTドコモ(クラウドAI)
・VAIO(基板実装)
・FUJISOFT(フロントエンドAI)
・講談社(シナリオ開発)

5つの企業がそれぞれ別のカテゴリーの技術を提供しています。
今回の週刊鉄腕アトムを作ろうでは、今までと違って、実際のアニメからデザインやストーリーを提供されています。
週刊鉄腕アトムは、手塚プロダクションからキャラクターを提供されてデザインされた体が、現実のロボット化されています。
アニメの世界の現実化が また進んでいきますね。

スポンサード



ロボット鉄腕アトムとプラモデルとの違い


週刊鉄腕アトムのロボットの頭頭は、手のひらにのる ボールほどの大きさです。

週刊鉄腕アトムのパーツを、ガンダムのプラモデルと比べると


例えば、週刊鉄腕アトムのパーツを ガンダムのプラモデルと比べると、100分の1のプラモデルより大きめです。
※プラモデルには、100分の1とか、144分の1とか、よく世界標準のサイズが使われています。
この部分は後で追記の可能性あり
(私に時間があれば書くという、あくまで可能性です。なので、知識を早く深めたい方は、ぜひご自身でお調べください)

ガンダムのプラモデルは、とても素晴らしいのですが、完成品は、思ったより小さい感じがします。
ガンダムのプラモデルは、プラモデルが入っている箱に綺麗なガンダムの絵が描かれています。
その迫力と比べると(私の感覚的には、) 完成品は、こぢんまりしている印象です。
ガンダムなどのプラモデルは、一個一個のパーツがとても細かいです。

マクロスΔや、他のフィギュアなども、たくさん出回っているますが、やはりサイズは、小さめ。

それらに比べると、ロボット週刊アトムは、頭だけでも手のひらに載るほどのサイズがあります。

この、ロボット週刊アトムは、大きめで存在感があります。
他のプラモデルをご存知の方がロボット週刊アトムを自分の手に取ると、重量的に満足感がプラスされるのではないかと思います。

このように、プラモデルのパーツは 本当に小さいものが多いので、プラモデルの組み立ての経験がある方が この週刊アトムを作りに取り組むと、新しい感覚で取り組めるかもしれません。

週刊鉄腕アトムのパーツは、プラモデルよりずいぶんとシンプルで大きいです。
けれど、プラモデルでは経験しなかった、「電気配線などの、ロボット作り的な作業」に集中できそうです。

パーツがシンプルな分、他の作業に気を使えるのではないかなと思います。
配線などの、ロボットの重要な部分とは、いやでも向き合えそうです。

週刊鉄腕アトムの心臓は「ラズベリーパイ3」


また、週刊アトムに アトムの心臓として搭載されている、「ラズベリーパイ3」ですが、電子工作では有名な中心部品です。

「ラズベリーパイ3」は、パソコンに例えると、マザーボードの部分です。

マザーボードとは、パソコンの中心部品の、CPUやメモリーを搭載させる肝となる部品です。
パソコンは、まず、「CPUやメモリーを、マザーボードに挿し」ます。
そして、マザーボードに すでにプリントされている電気信号を送信する線を通じて、外側の機械たち(キーボードやプリンターなど、マザーボードの端子に接続できるものたち)をコントロールするのです。

ロボットの週刊アトムには、「ラズベリーパイ3」が心臓部品として搭載されています。

ラズベリーパイは色々なパーツを繋いで動かせる

「ラズベリーパイ3」は、基本はパソコンと全く同じで、ハードウェアとソフトウェアの両方の機能を提供しています。

※ラズベリーパイ がヴァージョンアップして、ラズベリーパイ3となっています。
ラズベリーパイそのものも、シリーズもののように進化しています。
ですので、ラズベリーパイ自身は、今後もヴァージョンアップしていくでしょう。

「ラズベリーパイ3」を通して、リアルな部品として(ハードウェア)まず設置します。
次に、パソコンでプログラミングして、ロボット鉄腕アトムに、電気信号を送り(ハードウェア)、ロボットのアトムの動きや振る舞いを制御するのです。

「ラズベリーパイ3」は、無線で通信させようと思えば、その機能を使えます。
ロボット鉄腕アトムの会話は、無線機能を使っています。
人との会話の間に、瞬時に、既に存在しているリアルタイムのデータを収集し、選んだ後に、ロボット週刊アトムに受信させて、その場で状況に応じた会話を作り出していると思われます。

スポンサード



家電の性能は本当はバカにできない。電気はつまり、原子の中の「電子の移動」で動く


週刊鉄腕アトムの、無線とデータから人との会話を瞬間で作り出す。
これについて、私たちは人間の感覚では、「すごい!!」と感じるかもしれません。
でも、電気信号は人の感覚よりとてつもなく早く計算ができます。

光は1秒で地球を何周もできますね(何周だったっけ・・・。自分で調べてね)
細かい粒子たちの移動速度は人では感覚的に追うことができない早いのです。

あなたの身の回りの家電でも、コンセントの中で繋がった金属の線の中を、「電子が移動して、電化製品が使える」のです。
電子を使った計算の早さ、情報の選別の早さは、人間とは桁が違います。

電子の移動の速さで、天文学的な数字を選別できるので、とてもとても早いと想像できます。

ロボットと人間の違いとは


機械たちの特化した能力は、大量の情報を比較・選別できる事です。
それに対して 人間は、機械ほど早く大量の情報を比較・選別はできません。
ところが、不思議なことに、人間には「今まで存在していなかった新しいものを創造する脳力」が備わっています。

週刊鉄腕アトムで紹介されるロボット情報について


さて、ロボットの週刊アトムの作り方のポイントは、毎号のマガジンで詳しく解説するそうです。
アニメのキャラクターの「お茶の水博士(アニメのアトムのお馴染みの登場人物)」も登場して、説明してくれるそうです。

さらにマガジンでは、最先端のロボット紹介の記事も書かれているそうです。
続々と発売されていく、他の新型ロボットの情報が読めると思います。

週刊●●シリーズの特徴について


週刊アトムだけでなく、「週刊●●シリーズ」は、創刊号が目を引きます。
創刊号の特徴は、付録がたくさんついて盛りだくさんになっています。
そして、創刊号の価格は、通常号よりずいぶん安くなっています。

週刊アトムの創刊号でも、特典が多くつけられています。
「創刊号3代付録」
スタートアップDVD(63年盤 80 2003 アニメの各第一話)
ATOM原寸大CG & 透視設計図
特性ビスケース 

2号と3号にも、組み立てに役立つ付録が付きます。
付録を見ると、付録としてついてくるドライバーは小型で、子供でも手で容易に扱えるサイズに見受けられました。

後半購読特典(後半購読特典と紹介されているのでそのまま書かせていただきました。どの時期で”後半”になるのかは紹介されていませんでした。)には、
「充電用ATOM専用チェア」が用意されているそうです。

週刊鉄腕アトムの充電チェアについて


週刊シリーズのロボットには、鉄腕アトム以前に、「ロビジュニア」などがあります。
このような小型ロボットは、充電しないと動きません。

小型ロボットたちの充電は、スマホや他の電気機器と同じように アダプターや乾電池などから電気を貯めます。
すると、充電のたびにめんどくさい気持ちになる可能性があります。

ロボットの充電用のチェアがないと、乾電池か、コンセントからかわかりませんが、「ロボットを直接充電する必要がある」と思われます。

週刊鉄腕アトムの後半購読特典である、「ロボットの充電用のチェア」は、週刊鉄腕アトムの「ロボットとしての充電」が簡単にできるように、配慮したのでしょう。

スポンサード



週刊鉄腕アトムのデザイン(表情)にハッとする理由

週刊鉄腕アトムを最初に書店で見つけた時、あれれ、と目を引きました。
私は、顔が以前のロボット達と切り替わった人に近いデザインになってると、思いました。

週刊鉄腕アトム以前にも、ロビなど、まん丸の目のロボットは、すでに発売されていました。
2016年当たりまでのロボットは、可愛くて大きな瞳でした。
そのロボットたちは、目も、声も、とてもかわいいのです。

でも制作会社は違っても、ロボットを見ると なんだか同じようなデザインでした。
ロボットの顔のイメージを、新しくできないまま、他の会社の真似をしてデザインを大きく変えなかったのかもしれません。

でも、ロボットの週刊アトムは、いきなり「顔が人に似たデザインに進化」しています。
言い方を変えると、これまでのロボットより、ぐんと表情豊かな感じです。
やはり、ロボットとアニメと融合が始まったのです。

なんだか、週刊鉄腕アトムからは、ロボットに「命が吹き込まれたような表情」に、変容してきているような気がしませんか?
私は、週刊鉄腕アトムからは、ロボットの顔が「より人間的な顔立ちに一新されたな」と、感じました。
今後は、ロボットへ、デザインからの命の吹込みが続いていくでしょう。

直観的に、これからつくられるロボットは、外観は本当に人間の友達として違和感がない、命がある生き物のように変化していくと感じました。
電気で動く、機械でしかないはずのロボット。
ロボット分野の開発・進化が止まることは考えられません。

今回は ロボットとアニメとの融合が始まりましたが、ロボットは進化するごとに見た目はどんどん生き物のようになっていくのではないかと思います。

私が、小さな挑戦は素敵だと思う理由


私は、自分の好きなことを 自力でプログラムしたりするのは好きです。
最初は特に、全くわからないことも多いし、思考錯誤で頭を抱えたりします。
しょっちゅうです(笑)

でも、やりたいことができるならばと、我慢して❓続けていると、やがて「こんな感じかな」って、なんだか作り方がわかってきます。

そういえば 自分をふりかえってみると、幼いときにはプラモデル作りも大好きでした。
そして、人間よりも動植物や自然が大好きでした。
その頃は、他の生き物への興味津々でした。

【今でも、動物のやさしさを感じ、人間以外の生物は大切な存在だと思っています。】

さて、あなたが 週刊鉄腕アトムを作ろうと思い立ち、ハードウェアを組み立てるうえ、ソフトウェアも意識しながら、配線を繋いでいく。
これは、スタートしてみると、想像以上に大変な作業だと思います。

私は、パソコンのハードウェアとソフトウェア、どちらにもハマって、時には一時撤退したり、ストレスでハゲそうになって完成させたりしてきました。
電気信号で動く機械や、情報は、人が使えるようにするためには、根気がです。

自分に知識が不足しているときには、時には 自己責任で撤退が必要な時期もあるでしょう。

例えば、ケーブル一本でも、内部で断線していたら電気はつきません。
つまり、機械が全体が動かないのです。
ここで、力を発揮するのが、あなたの頭の中の知識、つまり、視野の広さです。
【断線をテスターなりなんなりで見つけることができるかもしれない→実際にテストしてみる、という視点そのものが、あなたの知識です。】

私は、自分がロボットなんぞを組み立てる作業はとても大変なことで、とても頭を使うことを、パソコンの自作などで 自分がハマりながら、肌で感じた経験があります。
だからこそ、組み立て作業に挑戦する人に言いたい・・。

あなたの挑戦は、とってもとっても素晴らしいことです。!!

なぜなら、機械づくりで途中まででも作業を経験した事は、決して無駄にならないのです。
その積み上げは、数年ではなくて、10年とか、20年とか後になっても あなたの頭の中に残っており、経験した情報を頭から引き出して有効に使えるからです。

それなりの年齢の私がそのように実感しています。

めげないで大丈夫。
疲れた時には、他の好きなことで脳を休ませましょう。
脳の一部分ばかりを使っていると、とても疲れて作業が止まります。

体は、20分も全く動かないでいると、細胞の一部が壊死をはじめます。
それでは体が持ちませんので、長い作業をするには、気分転換してリラックスするとか、運動は必ず必要なのです。

あなたには、人生において 他にも、好きな物がたくさんあるでしょう。
あなたがやりたいことをやってください。

人には、機械が持っていない、「無から新しいものを創造する力」があります。
今やってみたことが、実は「未来において、あなたが新しい何かを 創造する力」を生み出す糧になると思います。

それって、とても素敵なことなんじゃないかなと、私は思います。

スポンサード