ロビ2の評判とアトム

ロビ2の評判とアトム。
ロビ2と、アトムを作ろうが、ディアゴスティーニから週刊キットとして発売されています。
さらに、新潟限定、先行販売(※2017年6月)のジェイダイトrc(jdeiterc)の超カッコイイ 週刊組み立てキットについてもご紹介します!




ロビ2の評判と週刊アトムについて

ロビ2の評判とアトムは、どちらも、ディアゴスティーニで発売中です。
ロビ2も、アトムも、二足歩行の組み立てキットのロボットです。

これらの自作ロボットは、どちらも大きさが30センチ強くらいです。
ロビ、ロビ2、アトム、と、続々と二足歩行ロボットが登場していますね。

さらに、私は色んな都道府県で、書店やらいろんなお店やらまわったりするのですが、
今回たまたま、男の子が喜びそうな 二足歩行の週刊組み立てロボットキットを見つけました。

ジェイダイトrc創刊号の画像
ジェイダイトrc創刊号の画像

「ジェイダイトrc(jdeiterc)」という、ロボット製作キットが、実は新潟で発売されています。

ジェイダイトrc(jdeiterc)は、試験的に、新潟だけで先に発売しているそうです。

ジェイダイトrc(jdeiterc)は、トランスフォーマータイプの、男性が喜びそうなフォルム(デザイン)をしています。
人型ロボットの時は、二足歩行をします。
そして、ロボット変形では、形を自動車に変形することができます。
凄い!SFロボット系なデザイン色が強くなっていて、とてもおもしろいな~と、私は思いました。
サイトの下の方に、ジェイダイトrc(jdeiterc)の限定動画のリンクをのせておきますね。
良かったらご覧ください。

さて、ロビと、ロビ2とアトムですが、かなり共通点があります。
週刊ロボット自作キットの、初代ロビから始まって3作目のアトム。

3つの自作キットロボットたちの共通点には、無線通信にヒントがありそうです。




ロビとロビ2とアトムの共通点

まず、ロビは声ととてもかわいいデザインが売りで登場したロボットでした。

無線通信機能を使って、ロビ内部にない情報を、無線から取り込んで使うことができました。
ロビ2も、アトムを作ろうのアトムも、同じような機能を使っています。

ただし、ロビ→ロビ2→アトムを作ろうと、後から発売されたロボットほど、機能が強化されています。

週刊組み立てキットのロボットたちは、自分のメモリーにデータを大量保存しているわけではありません。
外の大きなデータと通信しながら、情報を選別して、その場で人と対話したりしています。

こういった機能が、後になるほど強まっていますね。

例えば、アトム。
アトムを作ろうのアトムは、完成すると、ユーチューブなどもダウンロードできるロボットになるそうです。
通信機能がアップしています。

例えば ママさんが、アトムのディスプレイのユーチューブクッキング画像見て、お料理を作ったりできるそうです。

ロビ2も、アトムを作ろうも、決して簡単に自作できるロボットとは、私は言いません。
でも、簡単にできない分、性能は、小さなパソコン並みだと思います。

ロビ2やアトムが搭載するのは、パソコンの部品より数も少なく、とてもこぢんまりした大きさの部品たちです。

ですが、無線機能を使うことで、パソコン以上に便利。
既に選別された情報を、リアルタイムでやり取りできます。

これらの、無線の後ろには、「AI」が働いています。
「AI」つまり、人工知能です。




ロビとロビ2とアトムは「AI」の性能でサポートされている

これから発達していくAIの性能は、どのように発達していくのでしょうか?

恐らく、AIが人間の目につく前の情報を、人間のために情報を選んでから送って来るようになります。
大量に情報を収集したAIの、この選別能力が、どんどん高められていくんだと予想できます。

無駄な情報の選別処理から、人間が、解放されていく流れだと思います。

ですが、自分でものを考えない人には、危険かもしれませんね。
自分で自分の人生を、人間が自分の選択を決める力を、失わずに持っていなくてはいけないと思います。

さて、ロビ2もアトムも小さいですが、無線機能を使えって、バックの巨大情報と接続しているんですね。

これは、スマホの性能とも酷似していますね。
例えばアイフォンのAI「シリ」siri。

シリは、人と会話して、色んな質問に答えてくれます。
AIは使えば使うほど、情報がたまってきますので、時間がたつほど人との会話もスムーズになります。

小型ロボットたちの通信機能は、後ろで働いている性能に支えられています。
私たちにえなくとも、技術者の人達は知恵を絞って、ロボットキットの原型を作っていらっしゃると思います。

組み立ては根気が要りますが、時代の最先端の流れを汲んだロボットたちです。
リスク管理しながら、楽しんで進んでくださいね。

組み立て完成品を最初から購入した人は、会話から楽しんでいくようですね。

ロビ、ロビ2、アトム、ジェイダイトrcと、続々と二足歩行ロボットが登場してきました。
ロビ2では、10人まで 人の顔を覚えてくれて(顔認証の性能))、
アトムでは覚える人の人数は、12人に増えます。

このように後になるほど、色んな機能が充実してくるでしょう。

ロビ2と、アトムについてでした。

■追伸
新潟限定、先行販売のジェイダイトrc(jdeiterc)の週刊組み立てキット。
ジェイダイトrc(jdeiterc)の週刊組み立てキットの内容を読んでみたところ、とてもカッコイイです。
スーパーロボット大戦に出てくるロボットみたいです。

※↓ユーチューブ限定公開の動画を見つけました。↓や
ジェイダイトrc(jdeiterc)の限定公開動画は ここをクリック!!

私はSFやゲームや、映画に登場するようなロボットが大好き派なので(秘密だったんだけど告白)、
このジェイダイトrc(jdeiterc)も好きになりそうです。