マインドストームev3(mindstorm ev3)の価格は一体いくら

マインドストームev3(mindstorm ev3)の価格は一体いくらなのでしょうか?
マインドストームev3(mindstorm ev3)は、レゴが提供するロボット組み立てキットのことです。もう10年前からある組立ロボットキットのマインドストーム(mindstorm )シリーズ。「マインドストームev3(mindstorm ev3)」の価格を探してみましたが、やはり価格は店舗により色々です。

【目次】
1.マインドストームev3(mindstorm ev3)の価格
2.マインドストームev3(mindstorm ev3)の通販価格について
3.マインドストームev3(mindstorm ev3)の価格は高価?
4.LEGO レゴ マインドストームEV3 拡張セット 45560の価格
5.マインドストームev3(mindstorm ev3)の価格は高価なのか安いのか
6.プログラミングを学ぶときの本などの価格
7.価格とショップ選びの優先度は人によって違うことについて


マインドストームev3(mindstorm ev3)の通販価格について

「レゴ (LEGO) マインドストーム EV3 31313」という商品ですと、Amazonでは6万円ほどでした。(2018年2月末)
マインドストームev3(mindstorm ev3)の価格は、販売店によって差があります。

mindstorm画像1です
mindstorm画像です

Amazonや楽天では、今は、6万程度の価格で売られていました。
ただし、アマゾンのショップの価格というのは、とても変動しやすいですので、価格の安さを優先する方は、その都度ショップで価格チェックをするようにしてください。

楽天通販でも、マインドストームev3(mindstorm ev3)は沢山のショップで販売されていますが、最低価格は6万ほどから始まっていました。
だいたいのスタート価格(最低価格)は、同じような価格でした。

マインドストームev3(mindstorm ev3)の価格が少し高くても、送料が無料であったり、ポイントが付くショップもあります。
価格は少し高くても、送料が無料ならOK。もしくは、ポイント5倍なら後で使いたい、など、色々な優先事項があると思います。

低価格で購入したい場合も、特典も含めて、総額はチェックしたほうがよさそうです。

マインドストームev3(mindstorm ev3)の販売しているショップ数が沢山ありますので、全体のバランスを見てショップ選びをするとよいと思います。

スポンサード



【目次へ】

スポンサード



マインドストームev3(mindstorm ev3)の価格は高価?

マインドストームev3(mindstorm ev3)の価格は 一見すると高価です。

マインドストームev3(mindstorm ev3)は、最近特に注目が強くなってきているロボット組み立てキットです。
マインドストームev3(mindstorm ev3)は、2018年にはさらに認知度が上がっているようです。
マインドストームev3(mindstorm ev3)は、世界数十か国の教材として、また、日本の大学の教材にまで使われ始めているので、今後はもっと認知されていくロボットキットなのかもしれません。

2020年より、小学校でプログラムの授業が標準化されますね。
マインドストームev3(mindstorm ev3)には、子供向けのキットもあります。
価格は、やはり6万円程度は見ておいた方がいいと思います。

マインドストームev3(mindstorm ev3)で、激安でも5万8千円ほど(送料別)はかかるようです。

一般向けには、子供向けのロボット製作キットのように見えますが(おもちゃのレゴをパーツ使っているため)、ですが、実際には、難易度別に色々なタイプがあります。

マインドストームev3(mindstorm ev3)には、家庭用、子供用、中学生用、高校生用、大学生用・・・アフタースクール用など、一般ですぐにはわからないタイプの物があるのです。

マインドストームev3(mindstorm ev3)の詳細を調べていくと、実は、様々なタイプがあり、価格も色々だとわかりました。

このように、実はマインドストームev3(mindstorm ev3)は 日本では、理系の大学の教育にも用いられていることがわかります。

とはいえ、通販で売られている6万円ほどマインドストームev3(mindstorm ev3)31313が一般的な商品のようです(管理人の主観です)。
マインドストームev3(mindstorm ev3)31313 は、基本セットで、メインロボット組み立てセットです。
このほかに、マインドストームev3(mindstorm ev3)には、拡張セットというものがあります。

【目次へ】

LEGO レゴ マインドストームEV3 拡張セット 45560の価格

LEGO レゴ マインドストームEV3 拡張セット 45560 は、品名についている番号が45560ですので間違えないでくださいね。
LEGO レゴ マインドストームEV3 拡張セット 45560の価格は1万5千円程度します。

LEGO レゴ マインドストームEV3 拡張セット 45560は、更に大きく、更に複雑な機構を組み立てることができるパーツセットがはいっており、基本セットにはないパーツで、思い描いた機構やプログラムを実現可能にして、さらに高度なロボットを組み立て、さらに難度の高い課題に挑戦することができます。

最近は、このレゴと 実際に動作するロボットが合体した、ロボット組み立てキットが さらにパワーアップして色々と販売されています。
こういう機械類は、今後はもっと複雑化していくのではないでしょうか。

■■■レゴ マインドストーム(mindstorm)は、自分の今のレベルにあったものを探してもOK ■■■
古くからある有名な人気商品である、レゴ(ブロックで遊ぶおもちゃ)。
このレゴを拡張して、ロボット組み立てキットとして登場したものがマインドストームシリーズです。

マインドストームev3(mindstorm ev3)の1つ前のバージョンの本を読んでみたのですが、1つ前のバージョンのマインドストームは、本格的なロボット組み立てキットでしたよ。

マインドストームは、レゴでMINDSTORMSというものが発売されて、次の商品が、Lego Mindstorms NXT。
Lego Mindstorms NXTは、2006年7月末に発売されたプログラム可能なロボットのキットでした。
マインドストームev3(mindstorm ev3)より、もう10年以上も前から、このマインドストームシリーズが存在していたんですね。

私が心配することがあり、それは、機械が複雑化すると、学習するときに理解しづらくなるということです。

パソコンもパソコンの誕生当時よりも超複雑化して、逆に無駄な機能やわかりにくさが顕著になっています。
これでは、機械の内容を学びたい人にとっては、基礎がわかりにくいというデメリットが大きいです。

2018年2月末現在、アマゾンをチェックしてみましたが、マインドストームev3(mindstorm ev3)の本体と本と一緒に、1つ前のバージョンのマインドストームの本も購入している人が多々いらっしゃるようです。

どうしても、基礎的な具体的な情報がないと、組み立てというものは難しいのです。

あまり先に延ばすと、基礎をたどるために、後で色々と書籍とパーツをたどって、結局、価格の総額が高くつくのではないかと思います。

ロボットの組み立てキットは、できればシンプルで軸となる考え方・技術などが できるだけスッキリわかるうちに、組み立てることがおススメです。

【目次へ】

スポンサード



マインドストームev3(mindstorm ev3)の価格は高価なのか安いのか

マインドストームev3(mindstorm ev3)の価格は高価なのか安いのかですが、子供に与えるのであれば、安いと、私は思います。

私の家族が、子供の頃にレゴ遊びにハマっていた経験があり、学校も機械系の学校へ進んだからです。
子供の頃に好きになったものは、大人になっていく中でも、大切な経験なのではないかなと思います。

私が幼かった当時は、レゴはロボット組み立てキットなどは存在していませんでした。

しかし、レゴでブロックを組み立てることは、後の人生でも大きな価値ある思い出になっています。
家族の影響なのか、私もレゴが好きになって、よく遊ぶになっていったのですが、レゴの組み立ては本当に楽しかったのです。

もし、私の幼い頃に、マインドストームev3(mindstorm ev3)のようなロボット見立てキットが販売されていたならば、お小遣いを貯めてでも価格が高くても購入したと思います。

マインドストームev3(mindstorm ev3)は、沢山のロボットのパターンがありますので、これもまた 楽しそうです。
マインドストームev3(mindstorm ev3)のロボットのパターンなのですが、参考までに、内容を直撃できる(英語です)リンクを紹介しておきますね。↓
https://education.lego.com/en-us/support/mindstorms-ev3/building-instructions#building-core

【目次へ】

スポンサード



今や、簡易的な組み立てロボットで学ぶことは、子供に対しても 世界的にも推奨される時代になっています。
だからこそ、”どちらかといえば幼い子供向け”のブロックオモチャであるレゴを、ロボットと融合して、ロボット組み立てキットとして商品にまでしてしまったのでしょう。

世界の流れがロボットと身近に、ロボットと共存する方向へ進んでいます。

また、レゴ遊びだけでも、集中力は養われると思います。
シーンとした中で、夢中になって指を使い続けて ブロックを組み立て、完成すればそのたびに喜びが沸き上がります。
子供時代であればなおのこと、純粋な喜びを体験できるでしょう。

マインドストームev3(mindstorm ev3)のようなロボット組み立てキットで、レゴのブロック遊びと、ロボット組み立てが体験できるのであれば、その経験は子供自身の、将来への投資になります。
そう考えれば、マインドストームev3(mindstorm ev3)の価格は、高価というほどではない、という見方もできるでしょう。

【目次へ】

プログラミングを学ぶときの本などの価格

マインドストームev3(mindstorm ev3)にはプログラムも付いてきます。
プログラムというものは、そのプログラムを動かせるようになるまでは、最初から最後までの手順をきちんと命令しなければ、機械は動きません。

機械系の学習には、書籍を買いそろえる時に一冊一冊の本の価格も高価なものが多いです。
もちろん、プログラミングの本題も、必要な本をたどっていくと、総合の価格は安くはありません。

そして、プログラムを完成させるまでは、全体で整合の取れた命令を、手順を守って作る必要があります。
プログラムは、脳を鍛えるとても良い学習方法ですので、子供のころから接する機会がある方が、人生も有利になると思います。

マインドストームev3(mindstorm ev3)のような、レゴという楽しい教材と一緒に、まだ価格が数万円で済むときに、1回くらい体験させてあげると、ロボット、とか、プログラムといったものの体験が一度できた人は、不思議となにか心に余裕が持てます。

また、プログラムに向き合うと、プログラムが完成するまで、長期的に脳を鍛えることができます。

マインドストームev3(mindstorm ev3)で、あまり難しすぎないプログラムに触れることは、よい刺激になると思います。
プログラムを学ぼうとすると、数十万の学習費用はすぐ掛かってしまいます。

プログラムを初心者へわかりやすく説明できる講師は、大学レベル位にならないと、なかなかいないのではないかと思います。
プログラムを独学で本で学ぶのにも、おそらく高価な価格の本が、たくさん必要です。
人によっては、プログラムアレルギーにならずに(本の内容がわかりにくいことが多いので)、最初の段階を突破するのに、数年は必須でしょう。

マインドストームev3(mindstorm ev3)のような、物理的にハッキリわかるロボットを動かしつつ、ストレスの少ないやり方で、とりあえず、プログラムに接する、というのも、とても賢い学習方法だと 私は思います。
マインドストームev3(mindstorm ev3)にかかる価格も、本の価格も含めて、10代以降に、後で専門学校や社会人講座、大学などで学ぶより、安価だと思います。

例えば、世界の有名大学で学ぶ本当の価値は、ただ、知識を得られることだけではありません。
4年という学問を修得したのちに、長期的な物事の判断力をつけることができます。
長期間にまたがった修練で、他者より大きな利益を生み出す知識や力を身に付けます。そして、サラリーの良い会社へ就職し、本人自身が高い給料を長く得られるようになります。

このように、時間がかかっても脳を成長させると、短絡的ではなくて、時間を見渡して利益・不利益を見越す能力がつくことも、プラスとして考えられるように思います。

教育を受けたくなくて(勉強が嫌い)、自分の煩悩を優先した生活を続けた人は、目先の利益は理解できるが長期的利益に対して我慢がしづらかったりと、差があるそうです。

マインドストームev3(mindstorm ev3)の価格は、6万ほどの価格(※2018年2月末現在)になっていますので、一見すると確かに高いです。
ですが、ロボットと共存しなくてはいけない世代の子供たちや、これから技術を習得したいと思っている学生や技術者の方にとっては、実は、価格はそんなに高くはないと思います。

今は、50年前の中学生がやっていたような勉強量を、小学生がこなさなくてはいけないような時代です。
このような時代に、生きていくには、専門的な技術を身に付けることも大切です。
勉強するために、受験で入学した段階でいきなり高額な価格の学費を払っても、やはり、それ以前の子供時代の学習も大切だと思います。

価格というならば、マインドストームev3(mindstorm ev3)の価格よりも、大学の学費のほうが、ずっと高いような気がします。
大学などの学費の価格は無料で、自分のために学ぶという人が大学に集まっている国もあるというのに、です。

世界中の人が、自分のために、好きなだけ よい教育を受けられるようになるといいですね。

【目次へ】

価格とショップ選びの優先度は人によって違うことについて

家族でショップ選びで、お母さんとお父さん、もしくは家族内で意見が違うときは、どうしたらよいのでしょうか?

マインドストームev3(mindstorm ev3)ショップ選びで、お父さんとお母さんで、価格でもめるかもしれません。
時間がかかっても安い価格を探す人と、価格が高くてもすぐ購入したい人では、優先するゴールが違います。

理性型=少しでも価格を節約すると、満足するのか。
感情型=商品を自分の物にして感情を満たすと、満足するのか。

あなたがもし マインドストームev3(mindstorm ev3)を購入する時には、理性と感情のどちらが優先ですか?

お母さんは少しでも安い価格のお店がイイ。でも、お父さんは少しくらい価格が高くても、早く商品が届くお店がイイ。
このように、マインドストームev3(mindstorm ev3)ショップ選びについての購入を巡って、意見が分かれることがあるかもしれません。

なぜ、商品購入時に、価格が安ければよいと言い切れないのか、根本的なことをお伝えしたいと思いますね。

結論は、人によって(お母さんとお父さんによって)優先順位が違うからです。!
「「とにかく安く理性で判断したい人」(理性タイプ)と、「高くてもいいから早く楽しみたい人」(感情タイプ)で、ロボットを購入する目的が違うために購入の判断に違いが出ます。」

このように、価格が安いのかどうかでのロボット購入時には悩むところなのですが、人により判断の優先順位が違います。
購入する人の価値が「価格優先なのか」、「付属サービスや特典優先なのか」、「サポート優先なのか」、もしくは、「とにかく早く楽しむのが優先なのか」は、人によるのです。

お父さん「価格が高くてもいいから、早く届けばいい」→ 感情を満たすことが優先。
お仕事で休みの日しか楽しめないから、早く使いたいのかもしれません。

お母さん「いや 価格は安い方がいい」→ 家計簿をつけていて、価格と日々向き合って、家計の切り盛りを背負っているなど。
普段せっかく努力してためたお金を、きちんと使いたいのかもしれません。家を建てるためにお金を貯めたり。日々努力していてしっかり者なのかも。

このように、同じ家族でも、何かを購入するときの優先順位が違います。
家族で納得できる価格で商品を購入できるとよいですね。

このように、価格はただ安ければいい、という単純な話ではないので、もし、マインドストームev3(mindstorm ev3)を購入したいのであれば、家族やあなたの臨む優先順位を大切にして、ショップを選ぶとよいと思います。

【目次へ】

スポンサード