アトムを作ろうは総額いくら

「週刊鉄腕アトムを作ろう」は総額の価格は?
総額20万以上で、「週刊鉄腕アトムを作ろう」を組み立て代行で購入できます。

【目次】総合

  1. 鉄腕アトムを作ろうの総額はいくら
  2. 「週刊 鉄腕アトムを作ろう」のキットを70回購入する総額
  3. 「週刊 鉄腕アトムを作ろう」の組み立て代行サービスを使って購入する総額
  4. 鉄腕アトムを作ろうの組み立て代行についてくる特典は?
  5. 鉄腕アトムの組み立て代行はロボットの作りかけからは頼めない
  6. 鉄腕アトムをつくろうの総額と組み立てリスクについて
  7. 週刊鉄腕アトムを作ろうの総額は高いが、ロボット技術を身に付けるためには
  8. 総額と自分の使える資源を リスク管理で抑える方法は?

スポンサード



鉄腕アトムを作ろうの総額はいくら

「週刊 鉄腕アトムを作ろう」の総額は、一体いくらになるのでしょうか。
「週刊 鉄腕アトムを作ろう」の総額を計算するには、2パターンがあります。

1、「週刊 鉄腕アトムを作ろう」のキットを70回購入する総額
2、「週刊 鉄腕アトムを作ろう」の組み立て代行サービスを使って購入する総額

では、この2つの総額を比べてみましょう。

● 週刊 鉄腕アトムを作ろう! 2017年 7号 6月13日号【雑誌】はこちら ↓↓



「週刊 鉄腕アトムを作ろう」のキットを70回購入する


1、「週刊 鉄腕アトムを作ろう」のキットを70回購入する総額の場合

「週刊 鉄腕アトムを作ろう」のキット、単品(1号分)の価格はおよそ2000円です。
全部で70回、このキットを購入すると、税込だと19万9231円、つまり約20万円程です。

※「週刊 鉄腕アトムを作ろう」のキットの総額の計算
創刊号は格安で830円、通常号1,843円、高価格号2,306~9,250円です。
全70巻 184,474円になります(いずれも税別)。
総額で、税込だと19万9231円、つまり総額20万円ほどです。


つまり、「週刊 鉄腕アトムを作ろう」のキットの70回分の購入総額はいくらかというと、20万円位です。

※中には2000円を超える高額のキットもあるので、およそ20万円、ということです。

「週刊 鉄腕アトムを作ろう」の組み立て代行サービスを使って購入する総額

2、「週刊 鉄腕アトムを作ろう」の組み立て代行サービスを使って購入する総額の場合
VAIO株式会社が、「週刊鉄腕アトムを作ろう」の組み立て代行をしています。
●総額の価格↓
本体(税抜き)で 「212900円」
送料は無料


つまり、「週刊 鉄腕アトムを作ろう」の組み立て代行サービスでの購入の総額はいくらかというと、23万円位です。

■組み立てキット70回分を全部購入する場合と、組み立て代行サービスで完成したものを購入する場合では、総額は3万円ほどしか差がありません。

ここからは、「週刊 鉄腕アトムを作ろう」の組み立て代行サービスについてくるものたちの説明です。
●「週刊鉄腕アトムを作ろう」の組み立て代行で、届けられるもの↓
「VAIO株式会社組み立て版 ATOMセット」
組み立て済みのATOMと、ATOM専用チェア(充電用)のセット
その他に、「豪華本「ATOMと暮らす本」」などの特典がありますので、次の段落でご紹介します。

●「週刊鉄腕アトムを作ろう」の組み立て代行で完成したロボットアトムは、いつ届けてもらえるのでしょうか。
シリーズ全巻がそろう2018年の9月以降に、順次お客様へお届けする予定。

このように、「週刊鉄腕アトムを作ろう」の組み立て代行では、「週刊鉄腕アトムをつくろう」のロボットの完成品を受け取れます。
ただし、途中まで自分で組み立てたものを、組み立て代行で完成させてもらうことはできません。

総額で、税抜き価格212900円(送料無料)で、最初から最後まで(1号から70号まで)、全ての組み立てを一括でしてもらうことになるそうです。

スポンサード



「週刊鉄腕アトムを作ろう」の組み立て代行についてくる特典は?

「週刊鉄腕アトムを作ろう」の組み立て代行を申し込むと、「VAIO株式会社組み立て版 ATOMセット」と、組み立て済みのATOMと、ATOM専用チェア(充電用)のセットがついてきます。
さらに次のような特典も一緒に届けられます。

●特典その1
組み立て代行を申込みした人限定のセット

1、豪華本「ATOMと暮らす本」
全70巻のマガジンを再編成してまとめた、豪華特製本の「ATOMと暮らす本」をお届けします。
※パートワーク「週刊 鉄腕アトムを作ろう!」のマガジン全70巻のそのものは送付されません。とあります。
2017年の4月4日の創刊号から毎週火曜日に発売されている、単品の「週刊 鉄腕アトムを作ろう!」の、個別の全70巻分は、届かないのでご注意くださいね。
あくまでも、「全巻(70巻)を、再編成してまとめた本」が手に入るということです。

●特典その2
「ATOMにできること-操作マニュアル」をまとめた 特性バインダー
※「週刊 鉄腕アトムを作ろう!」に掲載している、”ATOMにできる事-操作マニュアル”の、全140頁をまとめた特性バインダーをお届けします。とのことです。

●特典その3
次の4つを、6月以降に順次プレゼントする
1、ATOMボイスクロック
2、スタートアップDVD
3、アトム透視設計図
4、「鉄腕アトム」設計図

「週刊アトムを作ろう!」の組み立て代行の【第1期の受付時期】
2017年2月22日から2017年7月11日の17時(夕方5時)まで。
※第2期の受付の時期は、未定です。

(2017年6月現在の情報)

スポンサード



鉄腕アトムの組み立て代行はロボットの作りかけからは頼めない

■鉄腕アトムの組み立て代行の注意点
第1号から最終第70号までの、「一括組み立て代行だけを受け付けます」とのことです。
「鉄腕アトムを作ろう」キットで、鉄腕アトムロボットを、お客さんが途中まで組み立てたものを 「引き続き途中から 代行サービスで引き受けて組み立ててください」というのは、受け付けませんのでご注意くださいとのことです。

自分で組み立てはできないけれど、完成した鉄腕アトムのロボットがほしい人のために、「一括組み立て代行を受け付ける」のでしょう。

鉄腕アトムをつくろうの総額と組み立てリスクについて

「週刊鉄腕アトムを作ろう」のロボット作りがうまくいかなかった場合は、どの程度でリスク管理するのか、自己責任です。
「週刊鉄腕アトムを作ろう」のロボット作りを、自宅で本気で取り組む人は、前もって情報を集めて、リスクの予測を立てて取り組むとよいと思います。

おそらく、「週刊鉄腕アトムを作ろうを購入したものの、途中までしか組み立てができなかった」という人も出てくるでしょう。
2年もの期間をまたいでの、ロボットの組み立てを、自宅でやるのは大変です。

一方、他人が途中まで組み立てかけたロボット鉄腕アトムを、他の人が引き継ぐのは大変です。
どこまで組み立てられているのかたどるには、新規で手順通りに組み立てるのの何倍も時間がかかります。
組み立て代行サービスでも、途中まで作ったアトムは引き受けないそうです。
組み立て代行サービスでは、最初から最後まで、組み立て代行サービスで完成させたロボットとして、アトムを納品するそうです。

■■■例として車をあげます。
たとえば新車で納品した車を、念のためバラバラにして組み立てなおしてほしいといわれても、何倍も時間とお金がかかるそうです。(きいたところによると、総額3倍くらいかかるそうです。とんでもない手間になるそうです。)
■■■

「週刊鉄腕アトムを作ろう」のキットで、何号かまで購入してロボットを途中まで組み立てたあとに、やっぱり難しいから代行してほしい。と思っても、途中まで作ったアトムは、「組み立て代行サービス」へは申し込めません。
おそらく、途中まで作られたロボットを分析するには労力がかさみ、会社で引き受けた後で 対価ロスが大きくなりすぎると予測していると思われます。

途中まで作ったロボットは、もしうまくいかないと思っても、「作り続けるのか、やめるのか、後をどうするのかは自分で引き受けるしかない」ということです。

週刊鉄腕アトムを作ろうの総額は高いが、ロボット技術を身に付けるためには

「週刊鉄腕アトムを作ろう」は総額いくらかというと、単品で2000円ほどで、全70回で20万くらいになります。
「週刊アトムを作ろう」の組み立て代行サービスでは、総額で20万以上もかかります。

ロボット開発が加速していくこの時代に、ロボット作りを目指す人に、技術の習得をやめろなどということはいえるはずがありません。
ロボットを作る人が必要とされており、ロボット作りをやってみたい人が技術を身に付けることに、反対することは、時代に逆行していると思います。
トライ&エラーなしに、自分の技術の向上はあり得ません。

ですが、このように、「週刊アトムを作ろう」は、単品を全部集めても、組み立て代行サービスに頼んだとしても、総額は決してお安くはありません。
つまり、リスク管理も重要です。

総額と自分の使える資源を リスク管理で抑える方法は?


リスク管理は、シンプルにいえば、未来で起こることを予測しておくことです。
起こりそうなトラブルを、先に予想しておけば、動揺が少なくて済むのです。

未来のスケジュールに、リスクも含めて予測を立てる。
この作業には、あなたの頭を使います。

でも、このブログを読みに来て、「週刊鉄腕アトムを作ろう」などの、ロボット作りに挑戦しようと思っているような人ならば、できるでしょう。
今まで使っていない部分の頭を使う事になりますので、最初は特にキツイと思います。でも、そういった力が、あなたにはあるでしょう。
このようなところまで、情報を探しに来ているので。

「週刊鉄腕アトムを作ろう」で自作してみることも1つの方法です。
ロボット製作の技術を身に付ける方法は、他にも色々あると思います。
いずれにせよ、諦めないでチャンスを探してくださいね。!



ちょっと長くなりましたが このように、「週刊鉄腕アトムを作ろう」キットの組み立てには費用もエネルギーも使います。
なので、キットの組み立て途中のものは、途中からは「組み立て代行サービス」へ頼むことはできないとのことなので、最初にご注意くださいね。


スポンサード