ロボットとは

ロボットとは、人間に代わり、自律的に仕事や作業を行う機械のことです。最近のロボットは、人間に近いフォルムをしていて、ある程度自律的に自動作業を行う機械となっています。

スポンサード




ロボットの種類

ロボットは、人に変わって作業をするために作られた存在です。ロボットは、一般に「人の形をしていて、人の行動を模して(真似て)作られた機械です。
最近は、鉄腕アトムのような、「人に似ている、そして、人の行動を真似て人と似たような動作をする」といった特徴を持ったロボットの数が増えてきました。

昔からあるロボットは、主に4種類ありました。
産業用ロボット、軍事用ロボット、掃除用ロボット、搾乳ロボットなどです。

驚愕のロボットの映像 「ロボット製作技術はここまで進んでいる!」

二足歩行のロボットの動画へジャンプ
二足歩行のロボットの動画へジャンプ

40年ほど前に、機動戦士ガンダムや、鉄腕アトムなどのカラーのSFアニメがテレビに登場しました。
その頃のロボットのイメージは、あくまでもSFアニメ上の架空の存在で、ロボットは、アニメの中に登場する架空の存在というポジションでした。
今繰り返し、ストーリーが焼きなおされているロボットアニメは、大体が 40年ほど前にテレビアニメに登場した作品が多いです。

ところが、40年も前にデザインされていたロボットが、最近現実化して、私たちの生活の中に入り込んできました。

最近のロボットは、人や動物に近い形および機能を持つ機械となってきました。
「人間の形をしたロボット」や「機動兵器にあたる、広義のパワードスーツ・人間増幅器のような人間サポートロボット」が色々と登場し、メインになってきました。

人のサポートをするロボットたち
人のサポートをするロボットたち

最近のロボットは、自分で組み立てられるキットになっていたり、各種の作業内容のプログラムを自分で書き換えたりすることができるようになっています。
ロボットの需要はますます増大し、また、人に近いロボットがもっとたくさん登場することが予想されます。

このように、ロボットは 最近とても身近になっています。
そして、ロボットが、人間の生活のサーポートをすることを現実的に期待されています。
おそらく 今後も アニメに登場するような高性能のロボットが増えてくると思われます。
私たち人間とロボットの共存がテーマのアニメなども増えています。

ロボットは、特化した作業では、人間よりも高性能で作業ができます。
人間は、ロボットを上手に使えば、ロボットが能率よく作業をしてくれたぶんの ゆとりを生み出すことができます。

近い将来には、色々なロボットと、私たち人間が 同じ空間で一緒に生活することになりそうですね。

スポンサード