餃子酒場 チャオチャオの東京浜松町店

餃子酒場 チャオチャオの東京の浜松店をご存知ですか?

餃子酒場チャオチャオといえば、20種類もの餃子が食べられる餃子の一押し店舗です!

そんな大衆的な雰囲気の餃子酒場 チャオチャオ店ですが、東京のど真ん中、港区にもお店があります。

東京港区の話題の餃子の店舗の名前は、店名「餃子酒場 チャオチャオ 浜松町店」
港区の浜松町にあるんですね。

餃子って、自宅で作ってもおいしいですが、やはり専門店の餃子っていつ食べてもとても美味しいですよね。
パリッと焼かれた餃子の記事の触感は、餃子の専門のお店へ行った方が、洗練されていておいしい。

さて、そんな東京港区の話題の餃子店舗、餃子酒場 チャオチャオの場所は、次のところです。
住所 東京都港区浜松町2-12-1 ガーデン浜松町1F

営業時間 11:30~14:30(L.O.14:00) /17:00~23:30(L.O.23:00)

定休日があって、なんと日曜はお休みだそうです。

お店の中では、喫煙可能です。
ただし11:30から14:30の間は禁煙です。

東京港区の話題の餃子店舗、餃子酒場 チャオチャオの最寄り駅は
JR山手線『浜松町駅』です。

JR山手線『浜松町駅』から、餃子酒場 チャオチャオ港区浜松町店舗までは、276mほど離れています。
地図のリンクはこちらです↓
餃子酒場 チャオチャオの東京のお店

地図を見ると、チャオチャオの東京のお店の場所は、海から近いですね。

スポンサード




餃子酒場 チャオチャオの東京は港区

餃子酒場チャオチャオは、餃子一筋の餃子専門店です。
主役が餃子なので、ご飯ものや麺物のメニューをメインにはしておらず、とにかく餃子を主役にしているそうです。

確かに、20種類以上もの餃子を 餃子酒場チャオチャオで、早いスピードで提供できるのは、餃子を知り尽くしているからなのでしょう。

餃子といえば、パリパリの餃子のと口いっぱいに広がる溢れる肉汁・・・ということです。
美味しい餃子って、思い出すだけでもパリパリ、ジューっとうまみが広がるイメージですね。

餃子酒場チャオチャオの店舗では、海外ではなくて、国産の豚肉と、産直野菜を使って餃子を作っているそうです。

餃子酒場チャオチャオの餃子の皮が0.9ミリに調整してあるって、餃子の専門店らしいですね。

また、餃子を作るための水が秘伝の水なのだそうですが、一体どんな水なのでしょうね。

思考錯誤の末に出来上がった餃子酒場チャオチャオの餃子メニューなので、餃子を食べたくなったら、ぜひ、寄ってみるとよいと思います。

餃子酒場チャオチャオでは、ワインと餃子が一緒に食べれるそうです。
そして、私がいいなと思ったのは、油を使用していない16種類もの蒸し餃子があることです。

大阪の餃子チェーン店だと、王将でしょうか。
王将もおいしいのですが、こちらのお店はワインと一緒に餃子がいただけて、ちょっと雰囲気がカッコよさそうですね。

餃子酒場チャオチャオの東京店は、港区にあります。

餃子が食べたくなったら、ぜひ餃子酒場 チャオチャオ東京まで出かけてみるといいいですよ。
きっととても美味しい餃子が食べられますよ!

スポンサード