個人情報が流出した場合

個人情報が流出した場合、勝手に誰かに、あなたの情報を使用される危険があります。
コンピューターネットワークが発達して、情報の受け渡しも瞬時に行われるようになりました。
あなたがネットショップでどの位滞在してどこをクリックして、何のページを見ていたのか、ショップ側はデータを残していると予想できます。



デジタル信号は発信にも保存にも、コストがかからないため、一度収集されてしまった情報は、永遠に残されると思っておいた方が賢明でしょう。

本当は、あなたのプライバシーの情報なのだから、あなたがコントロールすべきですが、勝手に企業や政府へ情報が流されると思っておいた方がよいです。

個人情報が流出した場合、クレジットカードで勝手に買い物をされたり、ネットバンクから勝手にお金を引き出されたりと、あなたが全く悪くないのに被害を受ける可能性があります。

インターネット上に放出されるウィルスの膨大な数を見ても、他の人の人生や生活へ多大な迷惑をかけても全く気にしない、モラルのない人間がいるのも事実です。

そのような人達から被害を受けないためには、まず第一に、犯罪者と犯罪者予備軍から距離をしかりととることです。

個人情報は保護しよう
個人情報は保護しよう

距離とは、パスワードを強固にして、ネットを徘徊する犯罪者に、隙を見せない。
自分のスマホやパソコンは、他人に触らせない。
SNSに自分の個人情報がわかりそうな情報のかけらを載せない。
パソコンを捨てる時はcpuを破壊してから捨てる。
第三者に知らないうちにメルアドが渡っており、知らない人物からメールが送りつけられてくるようになったら、問題のメルアドを変更する。
など、色々な方法があります。

個人情報が流出した場合で、一番被害が甚大なのは、クレジットカードの暗証番号が盗まれたときでしょう。
何かおかしいと思った時には、速攻でクレジット-カードを止めましょう。
お金の絡んだものなので、早急にストップさせなければいけません。

クレジットカードは電話一本ですぐに止められます。
クレジットカードを停止して、廃棄してもらった後は、再度、別の番号でカードを再発行してもらいましょう。

こうしてみると、個人情報を守るには、たくさんの防御が必要で、手間がかかってうんざりするかもしれません。

でも、あなたのプライバシーは思っている以上に盗み取られていることを知ったうえで行動しましょう。



個人情報は頻繁に盗まれている

何もしなくても、スマホを1台持っていれば、スマホは一定の時間ごとに、企業にあなたの位置をGPSで送信し続けています。追跡記録されたくない場合は、スマホのGPS機能を止めましょう

スマホがなくても、路上のカメラであなたを特定し、その場所と時間が送信されて保存されていきます。

あなたがいつ、どこにいて、何をしていたのか、こんなにもたくさんの情報が盗み取られており、その個人情報は、後からあなたの不利になるような使いかたをされる可能性があります。

一度他者の手に渡った個人情報は、勝手に解釈され、モラルのない人の都合のよいように操作される可能性がありますので、個人情報の流出には、本当に気を付けるしかないと思います。

gpsは個人情報を自動収集する
gpsは個人情報を自動収集する

企業が、政府が、あなたの個人情報を悪用すると言いましたが、企業の中のAさんが悪用する、政府で働いている、Bさんが悪用するということです。
悪用するのは、いつも、人間です。

不透明な認識をしないで、あなたの個人情報を流出・悪用するのは、モラルのない人間であることを理解しましょう。

残念ながら企業にも、政府にも、悪い人間がいるんだと、きちんと認識することをおすすめします。

個人と個室で会っているときに、ばれないからといって、賄賂を要求する政治家をどう思いますか?
あなたのクレジットカードを盗んで、素知らぬ顔をして買い物をする友人がいたらどう思いますか?

あなたの個人情報を人質に取って悪用するのは、結局、どこにでもいるひとりの人間で、なおかつ彼らは、詐欺師や犯罪者なのです。

身近な場面であなたは危険にさらされています。
犯罪者出現マップなどを少しでも見れば、危険人物が大変多いことがわかります。

自分の個人情報を流出させないためには、自分を守るために、少し情報集めをしてみましょう。

そうすれば、あなたの個人情報の流出の危険性が身近に感じられ、あなたご自身が自分の個人情報を漏らさないように防御対策をする気持ちになるでしょう。



More from my site