ロボットアニメって、素敵だと思いませんか。
アニメの世界では、あんなカッコいいロボットが、人のために協力してサポートしてくれるんですよ!

ただし、ロボットとの共存は、もはやアニメではありませんね。

ロボットアニメやSFについては、小学校のプログラミング教育の事例と関係ないのではと思われましたか?

たしかに、100年前にアニメが誕生した時には、人型ロボットは存在していなかったのですが、アニメをなぞるようにロボットが現実化してきています。

2018年の最近登場している人型ロボットのデザインは、どちらかというと簡単で、これがまた昔の初期の頃のアニメ「鉄腕アトム」などと形がよく似ているです。つまり、シンプルなデザインで、そんなにカッコよくはありません。

今は2018年ですが、最近2020年までに世に出てきたロボットアニメが、やっと現実の世界で作られる時代になったのです。そして、登場しているロボットのデザインは、正直に申し上げてしまうと、古臭くて単純です。

これからの子供たちは、簡単なデザインのロボット作りからスタートして、より複雑で難しいロボット作成へ進んでいくのだと思われます。

手塚治虫の鉄腕アトムやマジンガーゼットなどの簡単なデザインのロボットが、今まさに真似されて現実に登場しています。

初代アニメは100年前に放送開始し、1980年代にはガンダムやマクロスといったロボットアニメが人気を博しました。
次は、もっと複雑でカッコイイ、ガンダムやマクロス系のロボとが登場してくると予想できます。

このように、アニメのロボットは現実のロボットととてもなじみやすいです。時には題材に取り上げると、ロボットアニメを知っている子供にもイメージが想像しやすいでしょう。

このサイトでは、身近な物とプログラミングのイメージを繋ぎやすくするために、「子供たちが大好きなロボット系のアニメも含めて」紹介させていただきますね。

More from my site