小学校のプログラミング教育がなぜ必要なのか

プログラミングはロボットを動かす手順を書いたものです。
これはつまり、プログラミングの電気信号を使って、ロボットを動かすということです。

電気にせよ飛行機にせよ、人間が創造した後に実験を繰り返したものが現実に使えるものになって登場してきます。

つまり、人間の脳で作り出されたアニメの世界のロボットは、やがて必ず現実に登場してくるのです。これからの子供たちの時代には超加速して仮想物体が現実物体になってくることが予想されます。

でも、ロボットを動かす命令書を読むことも作ることもできなかったら、子供たちが生きていくときに困ります。
だから、時代に合った教育として、プログラミングが必要なのです。

プログラミングがさっぱりわからなくて、どうしたらよいのか模索しておられる人のために、このサイトでは小学校のプログラミング教育の具体的な事例などを紹介していきます。

これから先の世代の子供たちは、SFの想像上の仮想空間が、人間の生活の一部に進出してインテリアのように模様替えをしたり、あるいは、ロボットが人間をサポートしてお手伝いさんの役割を果たしたり、あるいはまた、AIが数分先に一番無駄のない予定を立てて人間をサポートしたり、そんな出来事の中で生きていくのかもしれません。

ロボット浸透時代の子供たちは、プログラミングを使って動く機械たちに囲まれて生きていくことになる可能性があります。

自分が命令を出す立場なのに、ロボットという機械の仕組みも命令の作り方もわからなくては、ロボットに命令ができませんし、新しいロボットを作るにも手も足も出せません。

人間がロボットを操作し、ロボットとともに一緒に生きていくためには、プログラミングができなくてはいけません。
小学校のプログラミング教育の狙いは、ロボットを動かすための、超基礎的な、考え方を身に付けさせてあげることです。

小学校のプログラミング教育と並行してなのか、一般企業のロボットプログラミングではレゴなどのこれまた1970年代あたりから販売が続いているブロックオモチャをつかった教育コースがたくさん紹介されています。

子供た楽しくプログラミングを学ぶには、見た目や楽しさもとても大事です。
アニメも織り交ぜると、ロボットのイメージが頭に浮かんで、プログラミングも前向きに取り掛かれるというメリットもあるでしょう。

【目次】へ戻る

■この記事を読んだ方にはこんな記事も読まれています。

小学校のプログラミング教育の事例

スポンサード




More from my site