ビジュアル型プログラミング言語を使うことを想定
新学習指導要領では、プログラミング教育で「ビジュアル型プログラミング言語」を使って授業をすることを想定しています。

ビジュアル型プログラミング言語では、マウスやタッチ操作でプログラミングができます。
キーボードでは、表示させる数字や言葉を入力します。

ビジュアル型プログラミング言語では、難しプログラミング言語を入力する必要がないため、子供たちが「自分が考える動きを実現することに専念する」ことができます。

ですので、ビジュアル型プログラミングを使うと、子供たちは短時間で基本的な使いかたを覚えて、簡単なプログラムであれば作成できるようになります。

More from my site