小学校のプログラミング教育の「新学習指導要領」の内容

小学校のプログラミング教育の「新学習指導要領」の内容が発表されました。
その小学校の新学習指導要領によると、2020年度から小学校でプログラミング教育が必修化されることが明示されました。

つまり、小学校の授業で必ずプログラミング教育が行われることになりました。

小学校のプログラミング教育が始まったら「プログラミング」という科目ができるのか

小学校でプログラミング教育が始まっても「プログラミング」という、新しい科目はできません。
授業の科目に、プログラミング、というものは作られません。
従来からある「算数」「理科」「総合」の授業の中で時間をとって、プログラミングも教えられます。

文部科学省の、「学校におけるプログラミング教育の普及・推進を主な業務とする稲葉敦さん」が、次のように話されているそうです。

「プログラミング教育は、算数や理科、総合的な学習の時間など、すでにある教科の中で実践されることになっています。ですから、具体的にどの学年のどの教科・単元で、どれくらいの時間数でプログラミングを扱うかは、各学校が判断します。」
「そのため、教科書もなければ、試験で評価されることもありません。」

試験がないのは負担がなくてよいのかもしれませんが、教科書がないのは不便ですね。
どうやって授業をすればいいのでしょうか。

小学校のプログラミング教育では「プログラミング」の試験や成績評価はどうなっているのか

小学校のプログラミング教育では「プログラミング」の試験や成績評価は、有りません。

小学校で元からある「算数」「理科」「総合」の授業のどこかで時間をとって、プログラミングを教えます。
そして、プログラミングの試験も評価もありません。

スポンサード

小学校のプログラミング教育ではプログラミング言語を覚えるのか

小学校でのプログラミング上では、プログラミング言語の使い方を教えるわけではありません。
プログラマが額に汗してストレスにさらされながらやっている、あの難しそうなプログラミングはやりません。

■プログラミング言語の事例 | 正多角形をプログラミングで描く

「必修化にあたり、はっきりお伝えしておきたいことは、小学校のプログラミング教育は“プログラマーの育成が目的ではない”ということです」

小学校段階におけるプログラミング教育の目的は、プログラミング言語の使い方を覚えることではありません。文部科学省は、プログラミング教育を通じて育成すべき資質・能力を“プログラミング的思考”という言葉で表現しています。

「プログラミング的思考」とは、物事には手順があり、手順を踏むと、物事をうまく解決できるといった、論理的に考えていく力のこと。

「AI(人工知能)の発達により、今の子どもたちはこれから先どんな世の中になるかの見通しが難しい時代を生きることになります。プログラミング的思考は、そんな社会で生き抜くために、時代を超えて普遍的に必要になる力だと考えています」(稲葉さん)

■この記事を読んだ方にはこんな記事も読まれています。

小学校のプログラミング教育の事例
小学校のプログラミング教育の具体例

More from my site