小学校プログラミング教育の事例とは

小学校プログラミング教育の事例などをご紹介します。
小学校のプログラミング教育が2020年から開始します。でも、具体的に何を教育するのか事例がありません。一体何を教育したらいいのでしょうか?

【目次】へ

スポンサード




スポンサード

小学校プログラミング教育では何をすればいいのか?

【目次】

小学校プログラミング教育の事例とはtop
小学校プログラミング教育では何をすればいいのかわからない
小学校プログラミング教育の事例とは 改装中
小学校プログラミング教育の事例とは 改装中

「小学校プログラミング教育の事例」と聞かれても、具体的に小学生へ教える事例がわからない。プログラミング授業を行わなければいけない教員の方で、実は一体何をすればいいのかわからない。

そして、小学生の親御さんたちも、プログラミング教育に備えてあげたいけれど、小学生の子供をどこに連れて行って何をさせればいいのか、何を購入すればいいのか全く分からない。教員の方も、親御さんも、そんな状態なのではないでしょうか?

2020年から、小学校のプログラミング教育が必修化されます。
しかし、文部科学省の示した教育指示書も、具体例は多少例として公開されたものの、基本方針では抽象的な内容が出されたのみです。これでははっきり言って、小学生のプログラミング教育では、一体何を子供たちに教えればいいのかわからないのではないでしょうか。

小学校の教育現場の先生方や、これから小学校へ子供が進学する家庭のご両親は、一番の当事者でいらっしゃいます。

小学生のためのプログラミング教育では、今まで存在している科目(算数、理科、総合、国語、音楽など)のなかにプログラミング授業の時間をとって、プログラミング教育をすることになっています。

そして、プログラミング教育では、プログラムの文字列を打ち込む作業(コーディング)ができる人を作るのが目的ではないそうです。

子供たちに、「理論的な思考方法」を教えるのだそうです。

ビジュアル型プログラミングと、テキスト型プログラミング言語の違いについて

小学校のプログラミング教育授業では、文字を入力するプログラミングは基本的に、させません。
英語などの文字を入力してプログラムを作るタイプのプログラミング言語を、「テキスト型プログラミング言語「と言います。
それに対して、小学校で使うプログラミング言語は「ビジュアル型プログラミング言語」です。

ビジュアル型プログラミング言語では、具体例であげると、「スクラッチ」というプログラミング言語の道具などが有名です。

このように、小学校の授業で使うのは、ビジュアル型プログラミングと言って、文字の書かれた画像をドラッグして並べ替えて、それがそのままプログラミングになるタイプのものを使用するそうです。

ただ、そうはいっても、ビジュアル型プログラミングの道具である「スクラッチ」は、小学校低学年向けでしょう。

小学校のプログラミング教育は手探りスタート

小学生の子供は、高学年にもなるとどんどん差が広がって、学校の先生でも追いつけないレベルになる子供が必ず出てくると思います。

学校の教師は、生徒にプログラミングを教える立場ですので、やはりコードを使ったプログラミングがどういう物なのかは、知っておかなくてはいけません。

また、プログラミング力の格差が、後から小学生の人生へ影響します。これからの時代では、プログラミングがわかっているかどうかが、就職や生活の中でやれることなどにも影響を及ぼしかねません。

小学校とはいえ、子供のころからプログラミング教育を深くみにつけられることが、子供の未来に有利になる事は間違いありません。

小学校のプログラミング教育は、最初は教師も親も、手探り状態からスタートするのでしょうか。
都道府県の学校は、それぞれ個別にプログラミング授業の内容を設定できるそうなので、「こうすればいいよ」という参考になりそうなやり方が存在しない状態ですね。

こんな状況の中でも、2020年には小学校のプログラミング教育が始まりますので、模索しながらも自分に合ったプログラミングの事例を、作っていくしかないのだと思われます。

スポンサード

プログラミングを電気のスイッチに例えて仕組みをたどる

プログラムとは、前もって書かれた手順書のことです。
この手順書とは、機械を動かして問題を解決する方法を書いたものです。

手順が簡単なら、人間が自分の指で、スイッチを押せば大丈夫です。

例えば、部屋の電気をつける時、壁のスイッチを押すと思います。
でも、処理が沢山で複雑になった時に、順番を守ってスイッチを押していくのは大変です。

では、ロボットに任せたらどうなるのでしょうか?

例えば、自動車はロボットで組み立てられる部分が沢山あります。
あの組み立て手順を、全部人間が順番どおりにやろうとしても、車の組み立てロボットほど速くはできません。

ロボットは人間が前もって書いた手順である「プログラム」の指示を守って動きます。
自動車の組立ロボットは、人間が設定した指示の順番どおりに、圧倒的なスピードで車を組み立てていきます。

このように、人間が自分で全部作業しなくても、手順をセットしたロボットに作業させることができます。
車の組み立てロボットは、”車を正しく早く作りたい”、という、人間の「欲求」を解決しています。
欲求は、「問題」ともいえます。

車を人間が組み立てるのは、時間がかかるし大変だ、という「問題」があります。
その「問題」を解決する方法の1つが、「指示書」であるプログラミング言語を書いて、ロボットに命令を出すことです。

このように、プログラム(前もって書かれた手順書)の、手順を守って、ロボット(機械)が車を組み立てます。

このように、小学校のプログラミング教育では、「プログラミング言語で、機械に指示を出して、人間の問題(欲求)を解決する方法を、学ぶ」のです。

小学生プログラミング教育の授業の科目名

小学校のプログラミング教育では、「算数」、「理科」、「総合」などの以前からある科目の中で時間をとって、プログラムとは何か、理論的思考を教えるのだそうです。
プログラミングという、単体の科目は、作らないそうです。

また、小学校のプログラミング教育の内容は、大筋以外は決められておらず、それぞれの学校に委託するそうです。

このように、プログラム(手順書)と、物理的な機械を組み合わせると、人間はいろんな問題を解決することができます。

小学生に促す気づきは、「人間はプログラムを通してロボットを動かして、色んなことができる」という事です。

人間なロボットで色んなことをするには、どのポイントで「分岐」「条件別に進む」「繰り返す」を使ったらいいのかを、小学生自らが自分で考える力を付けてもらうのだそうです。

スポンサード

プログラミング言語で、機械に手順書を渡す

小学校低学年でも無理せずプログラミングができるのは、ビジュアル型プログラミング言語という種類のものです。

具体的には「スクラッチ」という、プログラムを作る道具があります。
スクラッチ以外では、文部科学省のホームページでリンクがあるので、一度見に行くとよいでしょう。

※パソコンのキーボード入力で、JAVA言語などの難しいプログラミング言語を入力させたりはしないそうです。文字列を入力してプログラム(命令)を作るやり方を、「テキスト型プログラミング言語」と言います。

小学校のプログラミング教育の授業では、テキスト型のプログラミング言語を教えるのではないそうです。たとえ使うとしても、プログラミング言語の入力もしなくてよい簡単な物、「ビジュアル型プログラミング言語」の道具を使うとのことです。

More from my site