実験品家族の作者は誰

実験品家族の作者は誰なのでしょうか?
実験品家族の作者についてご紹介します。

スポンサード

実験品家族の作者は外国人

【目次】

実験品家族の作者は誰 トップ
実験品家族の作者は外国人
実験品家族の作者はyanaiさん
実験品家族の作者は香港と台湾で活躍

実験品家族の放送日が決まりました!東京mxテレビで夕方のアニメ放送スタートになります。

【目次】へ戻る

スポンサード




実験品家族の作者は外国人

実験品家族の作者は、香港の漫画家さんです。

名前は、Yanaiさんと言います。

Yanaiさんは、台湾のコミックサイト『日更計画』で連載している漫画が、実験品家族です。

日本では、2017年10月21日から、日本語版が新潮社の月刊誌『月刊コミック@バンチ』にて2017年12月号より連載されていますよ。

■■■実験品家族のあらすじ■■■
マッドサイエンティストの父を持つタニス。

タニスら5人の兄弟は、マッドサイエンティストである両親によって孤島の研究所に監禁されていました。

でも、そのマッドサイエンティストの両親が、ある日、警察に逮捕されます。
両親が警察に逮捕されたことで、タニスらの監禁生活は、終わりを告げます。

マッドサイエンティストの両親によって、タニス以外の4人の兄と姉は、親の実験によって特異な身体能力を持っていました。

タニスら5人兄弟は、世間一般で生きていく常識などを知らなかったため、トラブルが続く日々を送ります。

以上が実験品家族のざっとしたあらすじです。

実験品家族は、SFチックな面白そうな作品ですね。

【目次】へ戻る

スポンサード




実験品家族の作者はyanaiさん

実験品家族の作者は、日本人ではありません。
作者さんの名前は、yanaiさん、日本語で読むとヤナイさんと言います。

実験品家族のアニメは、台湾、香港、日本、そしてアメリカ圏でも検索されているようで、アメリカの英語版では、「フランケンシュタインファミリー」なんて名前になっていました。

yanai(ヤナイ)さんは、2017年からアニメ化するというスケジュールが発表されたようです。
実験品家族はそんなに長く連載していないときに、すでに人気が出てアニメ化されることとなったようです。
日本でも、新潮社という実験品家族の大元のサイトでさえ、漫画本の発売は未だされていなくて、もうすぐ発売されます(2018年3月末)とありました。

4月以降にこのサイトにお越しいただいたころには、実験品家族の漫画の本が、もう発売された後かな?

【目次】へ戻る

スポンサード




実験品家族の作者は香港と台湾で活躍

実験品家族の作者yanai(ヤナイ)さんの、漫画の作者というオリジナルの仕事は、香港と、台湾からスタートしました。

2015年8月から実験品家族の何か企画でしょうか?が始まったそうです。
実験品家族の漫画は、Sunコミック(香港のコミック会社?)と、台湾の出版社で、2015年8月に始まった。とのことです。

最初に日本へ実験品家族の情報が編集されて上陸したのは、2017年1月25日だったらしいです。
実験品家族 -クリーチャーズ・ファミリー・デイズ-』(じっけんひんかぞく クリーチャーズ・ ファミリー・デイズ)は、香港の漫画家であるYanaiが台湾のコミックサイト『日更計画』にて連載している漫画作品です。

実験品家族は、2017年10月21日からは、日本語版が新潮社の月刊誌『月刊コミック@バンチ』にて2017年12月号より連載されています。

また、新しい漫画やアニメの企画が決まると、まずメインの公式サイトができて、トレーラーと呼ばれるアニメ化の予告動画が発表されます。
今盛んに実験品家族のアニメの準備が進んでいるようです。

実験品家族のアニメは、東京MXテレビで4月9日から放送開始です。
(4月2日二予告編アニメ番組があるそうです)

【目次】へ戻る

■■■この記事を読んだ方には、こんな記事も読まれています■■■

実験品家族の放送日
実験品家族の登場人物
実験品家族の作者
「タニス」実験品家族の登場人物

スポンサード




More from my site