ゾイドワイルドのブラキオサウルス

ゾイドワイルドブラキオサウルス種は、大きめサイズ。
2018年の夏アニメのゾイドワイルドのブラキオサウルスはサイズが30センチほどもある大型版です。

【目次】へ

スポンサード




スポンサード

ゾイドワイルドのブラキオサウルス

【目次】

ブラキオサウルスの特徴など
ゾイドワイルドのブラキオサウルス
ゾイドワイルドのブラキオザウルスは大きい
ブラキオザウルスの首の骨から学ぶ
ゾイドは初めての3DCG搭載アニメだった
子供の頃楽しかったことが人生を輝かせる
ゾイドワイルドシリーズはアニメ、ゲーム、アプリ、漫画本、色々楽しめる!
ゾイドワイルド専用のアプリとは
ゾイドワイルド「ブラキオザウルス」とは世界最大級の恐竜
ブラキオザウルスの心臓と血液

■■■本編■■■
ゾイドワイルドシリーズが、2018年7月から放送開始しますね。
ゾイドワイルドは、2018年7月よりMBS/TBS系列の28曲の全国ネットで放送開始します。
ゾイドワイルドの放送時間は、毎週土曜日の朝6時30分からです。

zoidwild arasi
zoidwild arasi

ゾイドワイルドのブラキオサウルスは、草食恐竜型のゾイドです。
ゾイドワイルドに登場するブラキオザウルスも、首が長くて、攻撃にもこの長い首を使います。

ゾイドワイルドのブラキオサウルスは、ゾイドの動画では、首を変形して強化して地面にたたきつけるような攻撃をしていました。
また、サイズも30センチほどある大型のゾイドでした。

ゾイドワイルドブラキオザウルス
ゾイドワイルドブラキオザウルス

ゾイドの新シリーズ「ゾイドワイルド」のプラキットで、大型のものが発売されます。
ゾイドワイルドのプラキットの種類は「ブラキオザウルス」という巨大恐竜がモデルになっているゾイドのオモチャです。

メカ生命体「ゾイド」から12年ぶりの新シリーズ「ゾイドワイルド」が誕生!
12年前にゾイドというアニメが放送され、ゾイドシリーズはその後、長い間休止していました。

でも、2018年夏に、日本アニメだけではなく、アジア、欧州、欧米などの世界へ向けてゾイドワイルドシリーズが放送開始するそうです。

しかも、ゾイドワイルドシリーズは、アニメだけにとどまらず、プラキット、ゲーム、アプリなど、色んな分野のオモチャが発売されるそうです。

ゾイドワイルドのブラキオザウルスは大きい

子供の頃、特に男性が楽しんで取り組むことが多いものに、プラモデルとかメカオモチャなどがあると思います。

今回は、そのプラキットで、ブラキオザウルスという世界最大級のサイズの草食恐竜がモデルとなったゾイドワイルドのプラキットが発売されます。

ブラキオザウルスの特徴は、何と言っても巨大であること。
そして、ブラキオザウルスは、世界最大級のサイズで、首長であることが特徴です。

ゾイドワイルドのブラキオザウルスは、首を合体させて(ブラキオザウルスのオモチャでは途中であの長い首が、合体されて強化されます)、首を根元から地面にたたきつける動きで遊ぶことができます。

このゾイドワイルドのブラキオザウルスは、今回おなじゾイドワイルドシリーズとして発売される他のプラキットよりも、とてもサイズが大きいです。

ですので、他のプラキットと別格のゾイドとして一緒に遊ぶと、より迫力のある遊びができるかもしれません。

プラモデルって、精密で綺麗に作れると嬉しいのですが、サイズが大きいとやはりずっしり重量感があって完成品に格の違いが出るものです。

そこまでいかなくとも、やはり、ほかのゾイドワイルドのプラキットよりは、ずっと大きいゾイドがブラキオザウルスです。
値段も倍という感じですが、この大きなブラキオザウルスが一体あると、ちょっと嬉しさが違うかもしれません。

ブラキオザウルスは首長恐竜がもとのモデルになっています。
この首のパーツを組み立てて完成させられたら、やっぱり他の昆虫タイプとかとは見た目も違う野かなと思います。
昔、私自身も大型プラモデルを制作した経験があるのですが、やっぱり、重量感って大きい方が出ます。

【目次】へ

スポンサード




ブラキオザウルスの首の骨から学ぶ

そして、骨格の勉強になると思います。

骨 born
骨 born

知らず知らずのうちに、ゾイドワイルドのブラキオザウルスを楽しんで作って、遊んでいただけと思っていたのに知識も付いていた。みたいなことにもなるのかなと、思いました。
楽しく遊べるって、子供の時が最高かもしれません。

大人になった時に、仕事が忙しいとか、自分の身体がおろそかになった時には、骨格の中に神経もたくさん張り巡らされていることに気が付くといいなと、思います。

ゾイドワイルドシリーズは、発掘もテーマになっているそうです。

恐竜の骨の発掘となると、やはり骨格標本を思い出しませんか?
恐竜の展示会って、本物の恐竜の骨が飾ってあります。

恐竜の展示会で観たいと思うものは、やはり、超大型の恐竜の骨ではないでしょうか。

ブラキオザウルスは世界最大級の装飾恐竜でした。ブラキオザウルスが発見されたのはたったの100年前です。

ゾイドシリーズでは、骨格系メカという種類があります。
骨の構造がメカになっているイメージのメカキャラクターです。

ゾイドワイルドのブラキオザウルスでは、首の骨なども組み立てることになります。
ブラキオザウルスの首は、とっても長い首です。

ブラキオザウルスの、沢山の骨を積み上げていくと、なんだか自分の背中の骨もこんな感じかなと想像できるかもしれません。

生き物には、軸となる骨があって、そして、神経もたくさん通っていて、と、知識がある方が健康も維持できるので、子供たちもプラモデルを作りながら、その基礎知識を楽しくつなげられたらいいなと思います。

カメ型ゾイドメカ
カメ型ゾイドメカ

また、ゾイドワイルドには、カメ型のゾイドも登場します。
私は個人的に、このカメ型のゾイドの甲羅の動きが好きです。
カメの甲羅なので、コンパクトに見えますが、こういう家電があったらカッコイイだろうな、などと思います。

私は、ゾイドワイルドに登場するこのカメ型のゾイドの、「きちんとセットされて、きちんとしまって開く」という動作がいいなと思います。
パーツの重なりも素敵だなと思いました。
主婦目線かもしれません。

蓋の開閉する家電を毎日扱うので、カッコイイ家電のパーツの重なりと ゾイドワイルドのプラモデルとかメカニックのパーツの重なり具合が頭の中で連想されて、カメ型ゾイドのカパッという甲羅の動きについ、目が行ってしまいます。

小学校のプログラミング教育が始まりますが、ゾイドワイルドのプラモデルのパーツはそれぞれ切り離してビニール袋に入っています。そのパーツを組み立てるとゾイドの動くオモチャで遊べます。

パーツを組み立てるという作業が、ロボットを組み立てる基礎にもなりますので、子供たちが学校でプログラミングを学ぶ前段階として、レゴとか、プラモデルとか、経験しておくと恐らく間違いなく有利になるでしょう。

ゾイドワイルドのブラキオザウルスは、見た目も違って、攻撃的です。
このようなカメ型ゾイドとはタイプが全く別な感じがします。

【目次】へ

スポンサード




ゾイドは初めての3DCG搭載アニメだった

今回のゾイドワイルドシリーズは12年ぶりの放送なんだよと言われますが、実はそのずっとずっと以前からゾイドのアニメは放送されていました。

最初の頃のゾイドでも、すでに3DのコンピュータCGが起用されていました。

ゾイドのアニメ放送が始まったころは、映画などの高価なアニメはコンピューターで作画されている部分がありましたが、主人公の乗る機体などは、まだ手書きの時代でした。

そんな時代の中でしたので、ゾイドのCGを合成したアニメは際立っていました。

ゾイドアニメのメイン主催者のタカラトミーは、1983年からゾイドシリーズを展開していたそうです。

数にして、なんと、累計4400万個以上を出荷した「ゾイド」シリーズだそうです。
日本の人口の3分の1ほどの数のゾイドシリーズが発売され購入されたということですね。

おそらく、ゾイドシリーズを購入したのは男性がメインだったと思います。
ですので、男性でゾイドシリーズを購入した経験がある方が、結構な数いらっしゃるということではないでしょうか。

【目次】へ

スポンサード




子供の頃楽しかったことが人生を輝かせる

特に、子供の頃に、ゾイドシリーズとか、ガンダムとか、マクロスとか、スターウォーズとか、SFのとってもカッコイイアニメのキャラクター達は、心を掴まれたのではないかなと思います。
これらのアニメは、もう40年くらい前から初代のシリーズが放送されて、まだ繰り返し作られているのだから凄いなと思います。

子供時代は、映像の楽しい記憶などは鮮明に残ります。
子供時代に無心になにかを作ってみるとか、好きな作品に出合って記憶に残ったとかいう体験が、大人になっても「その人の人生の一部」として、「楽しかった想い」が残ります。

ゾイドのプラモを無心になって作って、闘いごっこをしてとても楽しかったとか。
好きなアニメの戦闘シーンが、とってもカッコよくて、そのアニメの時間になると夢中でハマって観たとか。

なんでもいいので、子供さんが好きな物に「子供さんが、時間を忘れるほど無心でハマって作ってみる」といいかもしれません。

子供時代の無心の楽しい体験が、その後の人生でも繰り返し出てきて、またその楽しい体験を頭の中で再体験する。
人は、そうやって体験を心の中で繰り返して思い出すことで、心が生き返ります。

子供の頃の無心の体験は、「その後のその人を楽しませてくれるんだ」と思います。

それが、ガンダムの人もいれば、ゾイドワイルドになる人もいる。

とにかく、自分の夢中になる体験をさせてあげるといいかと思います。
2020年には、プログラミング教育も義務化されます。

手に取るものが、ゾイドワイルドシリーズであれば、ゾイドワイルドのプラモデルのパーツを組み立てるという経験が、必ず、プログラミング教育でも役に立つと思います。

【目次】へ

スポンサード




ゾイドワイルドシリーズはアニメ、ゲーム、アプリ、漫画本、色々楽しめる!

12年ぶりの最新シリーズ「ゾイドワイルド」。

新たなデザインとギミックを取り入れた組み立て式駆動玩具をはじめ、連載マンガ、アニメ、家庭用ゲーム、キッズアミューズメントゲームなど。

ゾイドワイルドシリーズでは、色んなメディアをミックス展開して、2018年4月より順次実施して公表していくそうです。

今回のゾイドワイルドシリーズでは、色々な企画がスタートしているそうです。

ゾイドワイルドの、アニメ化(夏より放送開始の予定とのことです)、漫画化(コロコロコミックで連載の予定)、ゲーム化(欧米、欧州、アジアへ向けて)など、たくさんの企画をしているそうです。
また、ゾイドワイルドのアプリも作るそうです。

自分で組み立てたゾイドをスマホで撮影して、ゾイドの専用アプリを使うと、すぐにとってもカッコイイ、イナズマや炎が合成できて、ネットへアップロードして公開できるそうです。

【目次】へ

スポンサード




ゾイドワイルド専用のアプリとは

ゾイドワイルドは、主人公が頭のところに乗って戦う「ワイルドライガー」以外にも、昆虫型、恐竜型など色々なゾイドが作られていました。

例えば、ギルラプターは、赤い恐竜型ゾイドです。
ティラノサウルスみたいな形をしたゾイドですね。

このように、複数のゾイドの遊び場がスタートする予定だそうです。
アニメ、漫画、ゲーム、スマホアプリ、そしてプラモデルギミック。

ちょっとテンコ盛りですが、久々のゾイドの復活とあり、ゾイドワイルドシリーズには、かなり力が入っているなぁと感じました。

今回のゾイドワイルドの発表動画を見ても思ったのですが、動画でゾイドたちが登場する場面に、大きなイナズマとかが落ちる場面がたくさん出てきたなぁと。

これは、ゾイド専用の、イナズマや炎を作り出すアプリのイメージと重なっていたのかもしれません。

ゾイドワイルド専用のアプリでは、自分の作ったゾイドを撮影できて、しかも、すぐに簡単にイナズマなどをそのゾイドに合成できるので、ネットへの自分の作品の公開も楽しめるんだそうです。

カメ型ゾイドメカ
カメ型ゾイドメカ

とってもリアルでカッコいい、イナズマや炎なので、ゾイドを完成させた人は、イメージの世界の作品作りまで遊びを広げられるそうです。

さらにゲームも開発中で、ゾイドが好きな人は、いくつも楽しむ方向性があり、迷うかもしれません。
全部楽しむには時間がかかりそうなくらい、沢山のゾイド空間を用意しているようですね。

【目次】へ戻る

スポンサード




ゾイドワイルド「ブラキオザウルス」とは世界最大級の恐竜

ブラキオサウルスとはは、ほぼ完全な全身骨格が存在する最大級の草食性恐竜のことです。

ブラキオザウルスが発見されたのは、100年ほど前。
日本のアニメが誕生したのも100年ほど前です。

ブラキオザウルスは、やっと100年前に見つかった恐竜で、これは割と新しい発見だと思います。
アニメと同じころに、ブラキオザウルスが人に認識されたんですね。

その発見があるまでは、ブラキオザウルスはずっと地中に眠っていたんです。

今回始まるゾイドシリーズは、ブラキオザウルスを取り扱っていますが、発掘がテーマに含まれます。
発掘が原因になって、ゾイドワイルドの世界が始まります。

ゾイドワイルドのアニメで、発掘現場からは、一体何が掘り出されるのでしょう。

恐竜発掘
恐竜発掘

ブラキオサウルス全長は約25メートルもあり、人間が並んで立つと、
ブラキオサウルスの膝の高さにもなりません。

全長が25メートルもあります。
25メートルというと、ビル8階分くらいの長さです。

スポンサード




ブラキオザウルスの心臓と血液

ただ、実際のブラキオザウルスの心臓では、頭まで血液を送れなかったそうです。

ブラキオザウルスは首だけでも10メートルもありそうです。
心臓から10メートル先に血液を送れなかったので、首はあんまり持ち上げないで生活していたらしいです。


↑↑ ゾイドワイルドではない、「普通の恐竜」としてのブラキオザウルスの立体パズル商品です。ブラキオザウルスは、見た目は、こんな恐竜です。

ブラキオザウルスを取り扱った商品は、2018年3月まだ数が少ないようです。

そういえば、自宅で遊ぶプールの空気入れは、手動だと大変です。
ブラキオザウルスの心臓は、血液は送れますが、「心臓から距離が10メートル先の頭へ、重力へ逆らって血液を送り続ける事」には対応していなかったのですね。

ブラキオザウルスは、草食恐竜だったので、普段は、草の生えている場所へ首を動かしつつ、食事をしながら生きていたのかもしれませんね。

【目次】へ戻る

スポンサード




実際、恐竜図鑑などでよく見られるような、首を垂直に持ち上げることはできなかったことが最近の研究で判明しているそうです。

もしブラキオサウルスが人を見下ろした場合は、ブラキオサウルスの足首よりちょっと高くてひざ下位の生き物にしか見えなかったでしょう。

人間の幅は、ブラキオサウルスのひざ下の幅くらいにしか見えなかったと思われます。

ですので、ブラキオサウルスから人間を見る感覚を、私たち人間に置き換えると次のようになります。

ブラキオサウルスからみた人間は、
「人間からみると、ひざ下サイズの、モルモットやハムスターの胴体に細い枝みたいな足と手が付いくらいの大きさの生き物」
程度の大きさとなりそうです。

前兆25メートルのブラキオサウルスから人を見た時には、「踏まないように気を付けないと、危ないなぁ」というサイズになりますね。

ハムスターと比較
ハムスターと比較

ブラキオサウルスは、後ろ足よりも前足の方が長くて、普通に立っているときのスタイルは、いうなれば、鳩胸ぽくなります。
そして、しっぽは短めです。

実際のブラキオザウルスは、その頭部は小さく、脳の大きさは150グラムほどで、顎の力は弱い生き物でした。

人間の脳は、1300グラムくらいあります。

ブラキオザウルスの脳は、たったの150グラムなので、人間の10分の1くらいの大きさの脳しかなかったんですね。

※「脳が大きいイコール知能が高い」と、直接にはならないそうです。
鯨(鯨)の脳は大きさが人の何倍もありますが、人間の方が賢いので、鯨を道具でとらえることができます。

ゾイドワイルドのブラキオサウルスは、陸で生きていた恐竜とされています。

ゾイドワイルドのギミックでは、ブラキオザウルスは、首を使った攻撃を仕掛けてきます。
ゾイドワイルドはアニメなので、世界最大級の草食恐竜を、攻撃も強力な強い生物として新しく想像できたのでしょう。

ゾイドワイルドブラキオザウルス
ゾイドワイルドブラキオザウルス

ブラキオサウルスの骨は、世界中に散らばっていました。
場所は、アメリカやタンザニア、ポルトガルといった、お互いが非常に離れた地域で発見されています。

地上最大とされていブラキオサウルスですが、ブラキオザウルスの発見後も、大型恐竜の発見は続きました。
ブラキオザウルスよりも、巨大なスーパーサウルスやウルトラサウルスなどが発見されたそうです。

恐竜の生きていた時代には、世界最大級のサイズの恐竜が、何種類もいて、地上を歩き回っていたんですね。

【目次】へ戻る

■■■この記事を読んだ方には、こんな記事も読まれています■■■

ゾイドワイルドのブラキオザウルス
ワイルドライガーの価格

スポンサード




More from my site