ゾイドワイルドのワイルドライガー

ゾイドワイルドのワイルドライガーをご存知ですか?
12年ぶりのゾイドシリーズのゾイドワイルド。主人公が頭に乗って戦うという、ワイルドライガーのご紹介です。

【目次】へ

スポンサード




スポンサード

ワイルドライガーの価格

【目次】

ゾイドワイルドのワイルドライガー
ワイルドライガーの価格
ゾイドワイルドのワイルドライガーの詳細


■ワイルドライガーの価格はいくら?■

とうとうアニメ化が決まったゾイドワイルド!
2018年6月には発売予定のワイルドライガーについてご紹介です。

ワイルドライガーは、今回のゾイドワイルドの主人公がまたがって戦うというゾイドです。

ワイルドライガーのもとのデザインは、ライオンからとっています。
名前もデザインもライオン風です。

ワイルドライガーのモデルはライオン
ワイルドライガーのモデルはライオン

ゾイドワイルドのワイルドライガーと主人公

ゾイドワイルドのワイルドライガーと主人公は次のようなイメージになります。

ワイルドライガー
ワイルドライガー

ワイルドライガーの価格は3000円です。
価格は、税別で3000円なので、「税込み価格は3240円」の予定です。

2018年の6月が発売日なので、6月までに消費税に変更がなければ、3240円でワイルドライガーが買えますよ。

ゾイドワイルドのワイルドライガーの詳細

現時点で発表されているモデルは以下の通り。

■★ゾイドワイルド「ZW01 ワイルドライガー」★

製品内容は、
メカユニット×1、
WBユニット×1、
パックS×1、
発掘パックA×1、
発掘パックB×1。
本体サイズは230(幅)×120(高さ)×82(奥行)mm。
使用電池は単4形乾電池×1本(別売り)。
価格は3,000円(税別)。

プラムデルは、普通は、本体がプラスチックの枠にひとまとまりにした状態のものから、ニッパーでパーツを切り取って使います。
この、ニッパーでパーツを切り取る作業の時に、うまくニッパーでくれなくて、傷がついたり、ちょっとおおく余計な部分が削れてしまったりします。

でも、今回のゾイドワイルドのこの製品は、最初からバラバラになって綺麗なパーツがビニール袋に入っています。

これらのゾイドのパーツたちは、ニッパーできりとらなくてもそのまま使えるため、綺麗な状態のパーツを組み立てるだけでゾイドワイルドの製品が出来上がります。
この点は、とてもうれしい点だと思います。

今回のゾイドワイルドのギミックの組立パーツは、ニッパーを使う個人の技量に、出来上がりが左右されないで済む有難い製品となっています。

■ゾイドワイルドの価格はどのくらい?

また、今回のゾイドワイルドシリーズの最初のギミックたちには、大体3000円程度の価格が付いていました。
今回の最初のゾイドワイルドシリーズのオモチャたちは、たくさんの種類があります。

動物、恐竜、爬虫類、昆虫型などなど、いろんなデザインのギミックが登場していました。
たとえば、「ギルラプター」は、赤い恐竜型ゾイドです。
ティラノサウルスみたいな形をしたゾイドです。

これらのギミックたちが、だいたい3000円の価格で発表されていました。

【目次】へ

■■■この記事を読んだ方には、こんな記事も読まれています■■■

ゾイドワイルドのブラキオザウルス
ワイルドライガーの価格

スポンサード




More from my site