住田弁護士が行列辞めた(卒業)した理由とは

住田弁護士が行列辞めた(卒業)した理由は?一体何だったのでしょうか。

スポンサード

住田弁護士が行列辞めた(卒業)した理由はやりたいことがあったから

【目次】
住田弁護士が行列辞めた(卒業)した理由
住田弁護士が行列辞めた(卒業)した理由はやりたいことがあったから
住田弁護士が卒業行列辞めた(卒業)理由はNPO法人をきちんとやりたいから
住田弁護士は老人の老後の健康を気にしていた

住田弁護士が卒業行列辞めた(卒業)理由は、自分の立ち上げたNPO法人に力を入れるためだったそうです。
住田弁護士は、現在66歳位だと思われます。
ちなみにNPO法人の名前は「長寿社会の安全安心な暮らしを実現する会」です。

目次へ戻る

スポンサード



住田弁護士が行列辞めた(卒業)理由はNPO法人をきちんとやりたいから

住田弁護士は、長寿社会の安全安心な暮らしを実現する会に力を入れるために住田弁護士が卒業したとのことなので、このNPO法人を探してみたのですが、サイトらしきものは見つかりませんでした。

ちなみに、住田弁護士が立ち上げたのは、次のようなNPO法人でした。

———
団体名 特定非営利活動法人 長寿社会の安全安心な暮らしを実現する会
法人格 特定非営利活動法人
代表者   住田 裕子

法人認証年月日 2010年03月25日
所轄庁 東京都
主たる事務所所在地 〒104-0061
東京都中央区銀座六丁目5番13号 JDB銀座ビル6階 H.S&P法律事務所内

目的 この法人は、医療・介護、成年後見、資産管理、見守りシステム等に関する研究事業を行い、高齢者本人やその家族に対して、安全、安心な老後の暮らしに寄与することを目的とする。

———

住田弁護士が卒業したあとは、講演会などで、老人向けの内容で話をされたりしていたようです。
住田さんは、もともと弁護士さんなので、話すことが得意で、NPO法人をやりつつも、やはり話すことで人のための活動をなさっているのかもしれませんね。

目次へ戻る

スポンサード



住田弁護士は老人の老後の健康を気にしていた

テレビなどでも活躍する弁護士の住田裕子さんですが、行列を卒業したすぐには、講演会で
「健康であるためには、筋力が大切です。
平均寿命が長くなっても、寝たきりになっては・・・。」
というような話をされていたようです。

長寿でも、健康でなくては人生が楽しくありません。
住田弁護士は、自分も年を取っていく中で、年をとっても健康でいることが大事と強く感じたのかもしれません。

健康はとても大事なので、若い人も、ぜひ自分の身体をいたわってくださいね。

目次へ戻る

■■■この記事を読んだ方には、こんな記事も読まれています■■■

住田弁護士が卒業した理由
住田弁護士は老けたのか

スポンサード



More from my site