住田弁護士は老けたのか

住田弁護士が老けたとちらほらネット上で書かれています。
住田弁護士は老けた?といわれますが、2018年3月現在の住田弁護士の様子を紹介してみます。

住田弁護士は老けたどころか

【目次】
住田弁護士は老けたのか
住田弁護士は老けたどころか
住田弁護士が指摘している内容

住田弁護士は老けたどころか、今も変わらない鋭い突っ込みが爽快のようです。

住田弁護士は老けたどころか、コメントが冴えていらっしゃる印象です。
住田弁護士はもともと東大卒ですもんね。

人は誰もが年を取ります。
でも、住田弁護士をみていると、「人は普段から真剣に頭を使っていると、脳がとても健康のまま年を取っていける」ように感じます。

MIL61060//1

住田裕子弁護士は3月12日、「モーニングショー」(テレビ朝日)で、国家レベルの犯罪に対して、バッサリと意見をおっしゃっていましたよ。

森友学園問題で決裁文書の書き換えが問題となっていますね。

住田裕子弁護士が文書の書き換えは「国会議員への偽計業務妨害罪に当たる可能性がある」
「書き換えを指示したのは検察の捜査を抑え込める人」と指摘し、話題になっている。

あまりのことに、色々と信じられない事態ですよね。
国会議員ですよ!!!!!

住田裕子弁護士は学園問題に対して、上記のようにキッパリおっしゃっています。
老けたとかいうレベルではなく、逆に頭がさえているんじゃないでしょうか。

目次へ戻る

スポンサード



住田弁護士が指摘している内容

住田弁護士がテレビで次のようにきっぱり話されていました。

———
朝日新聞によると、契約当時の文書には事前交渉を示唆する「価格等について協議した結果」という文言や「特例的な内容となる」という文言があったという。

しかし国会に提出された文書ではそれらの文言が改変されたり、削除されたりしている。

「行政文書がないという答弁は、会計検査院の公務を妨害したことにもなる」住田弁護士は、誰が指示したかについてさらに踏み込んだ発言をしている。

「検察に全て書類が提出されているわけですね。
検察はそれを見ればすぐにわかることで、それに対して偽計業務妨害といった罪の適用を考えると思うんです。

そうした捜査を抑え込める自信のある人というのは私は財務省の人ではないと思います」
———

住田裕子弁護士
「捜査を抑え込める自信のある人というのは私は財務省の人ではないと思います」

こういう時に住田裕子弁護士のように、歯に衣着せずに、はっきりものを言ってくれる方がいても良いと思います。
というか、住田裕子弁護士がハッキリと「おかしいでしょ。」とおっしゃってくれたからこそ、テレビを見ている方もモヤモヤせずスッキリするのかもしれません。

・・いかがでしょうか。

私たちも、キッパリすれば、世の中もよりまともになっていきます。
主体性を持って発言する人は、他者への影響力が強いのです。
影響を受けた人たちには、プラスの循環が始まります。

住田裕子弁護士が老けたという人もおられますが、あまり関係ないのかなと思います。

人と話したり、真剣に議論したりする時間をとると、脳が活性化してよいのかもしれませんね。

MIL77001//1

また、住田弁護士の一連の発言については、
「鋭い」
「正義」
「問題を矮小化させないようにコメントしてくれている」
と絶賛の声が相次いでいるそうです。

住田弁護士だけでなく、皆が当たり前のことを、当たり前に指摘していく世の中が、まともな世界だと思います。

目次へ戻る

■■■この記事を読んだ方には、こんな記事も読まれています■■■

住田弁護士が卒業した理由
住田弁護士は老けたのか

スポンサード



More from my site