去年の冬、きみと別れの伏線とは

「去年の冬、きみと別れ」とはいったいどんな作品でしょうか?
去年の冬、きみと別れの伏線は・・、1秒も目を離せない先読みできない展開なのだそうです。

スポンサード

去年の冬、きみと別れの伏線は先が全く読めない

『去年の冬、きみと別れ』は、伏線が話題の映画です。
3月10日(土)に全国ロードショーとして封切られました。

元になっている作品は、書籍で、芥川賞作家・中村文則によるサスペンス『去年の冬、きみと別れ』という幻冬舎文庫の本です
中村サスペンス最高傑作との呼び声高く、「この小説は化け物だ」と言わしめた衝撃作なのだそうです。

ただ、「去年の冬、きみと別れ」は、先が読めないがゆえに、単行本の読者の感想は、「1回読んだだけでは話がよくわからなかった」人もいらっしゃいました。

「去年の冬、きみと別れ」は、映像にしたからこそ、作品が強烈な物になったのかもしれません。
例えば、ハリウッドの映画も、原作が言葉で書かれたものだけではあのインパクトは出せないでしょう。

「去年の冬、きみと別れ」は、展開が本当に読めない、つまり伏線が読めないので、最後までどうなるの、本当にかわからない作品なのだそうです。

あるライターが、女性二人が殺害される猟奇殺人事件を追っていきます。

映画では、監督の頭の中にだけ、作品があり、それが次々に映像化されて行って初めて謎が解けていくので、登場人物たちもドキドキだったようです。

「去年の冬、きみと別れ」は「1秒も目を離せない先読みできない展開。
映画全編に緻密に張り巡らされた伏線の先に待ち構える、驚愕の結末。」
とのことです。

去年の冬肝と別れの主人公のイメージ
去年の冬肝と別れの主人公の純愛イメージ

去年の冬、きみと別れの主人公は、狂おしいまでに一途な愛に生きる人だそうです。
純愛の人なんですね。

「去年の冬、きみと別れ」の伏線は、騙しに騙される、思いもかけない展開のストーリー。
一途な愛の人が、一体何に巻き込まれていくのでしょうか。

スポンサード



去年の冬、きみと別れのアレコレ

これは、「去年の冬、きみと別れ」の本の、アマゾンの作品の紹介文です。
こちらを読むと、「去年の冬、きみと別れ」の作品がなんとなくわかると思います。


ライターの「僕」は、ある猟奇殺人事件の被告に面会に行く。

事件の全貌及び被告の素顔をあぶり出し、ノンフィクション作品として刊行することを出版社から依頼されたからだ。

被告の職業はカメラマン。

その才能は海外からも高く評価されるほどのものだが、被写体への異常なまでの執着が乗り移ったかのような彼の写真は、見る物の心をざわつかせた。

彼は、二人の女性を殺した容疑で逮捕され、死刑判決を受けている。

だが、何かがおかしい。

調べを進めるほど、事件への違和感は強まる。
そして、関係者たちの精神的な歪みが「僕」をのみ込んでいく。

彼は一体なぜ、女たちを殺したのか? それは本当に殺人だったのか?

何かを隠し続ける被告、男の人生を破滅に導いてしまう被告の姉、大切な誰かを失くした人たちが群がる人形師。
それぞれの狂気が暴走し、事件は混迷の度合いを深めていく。

事件の真相に分け入った時に見えてきたもの、それは――?

日本のみならず世界がその動向に注目する中村文則氏、渾身の書き下ろし小説!

スポンサード



去年の冬、きみと別れの伏線のふくせんってどういう意味

素朴な疑問「伏線」ってなぁに?

伏線とは、次のような意味です。

———
「小説や戯曲などで、のちの展開に備えてそれに関連した事柄を前のほうでほのめかしておくこと。
 また、その事柄。」

「あとのことがうまくゆくように、前もってそれとなく用意しておくこと。
 また、そのもの。

「断られたときのために伏線を張る」
———

というような意味を持つのが伏線です。

「去年の冬、きみと別れ 伏線」はそれとなくストーリーが伏線に沿って進むのかと思いきや、全く先が読めなくてドキドキの作品だそうです。

一体どんな結末を迎えるんでしょうね?
展開が謎+驚愕な作品「去年の冬、きみと別れ 伏線」でした。

スポンサード



More from my site