急性心不全の前兆で腹痛

急性心不全の前兆に、腹痛があるそうです。
急性心不全で、心臓ではなく腹が痛くなるのはなぜなのでしょうか。

心不全は心臓のさまざまな疾患(虚血性心疾患、心筋症、弁膜症など)が最終的に至る症候群を意味します。
そして、「心臓のポンプ機能が低下した状態」を心不全と呼びます。

芸能人の大杉漣さんの死因となった「急性心不全」は、一気に心臓が働かなくなった病気です。

原因の病気として、「動脈硬化から血管が詰まっての心筋梗塞か、不整脈の一種である心房細動のどちらかがほとんど」と福田医院の福田伴男院長(横浜市)が指摘しておられるそうです。

急性心不全でも、やはり前兆で、普段から体調に違和感があったのかもしれません。
大杉漣さんも、前兆の段階が全くないとは思えないのですが、でも、見逃してしまったのでしょうか。

大杉漣さんは「おなかが痛い」と訴えたそうですが、心臓が悪くても、心臓が痛くならないで他のところが痛くなる症状が出る人が居るそうです。

医療のイメージ画像
医療のイメージ画像

心不全には、急性心不全と慢性心不全があります。
急性心不全は、急に心臓の働きが落ち、心臓が働かないために起こる症状が急に発生するのです。

急性心不全は、症状が強いため、病院へは行くのだそうです。
急性心不全の前兆として、腹痛など、心臓ではない場所が痛むことがあるそうです。

心臓がもう弱っていて、血液を送り出せず、痛みも認識できないと、他の内蔵のほうが影響を受けて痛むことがあるそうです。

急性心不全の前兆で、腹痛が関係するとどんな風になるのでしょうか。
みぞおちなどの、腹痛と同時に、肩まわりがこわばるなどもあるそうです。

どちらも、体の、心臓に近い場所です。心臓が悪いために、強い影響を受けて痛みが出ることがあるそうです。

大杉漣さんは、本当は心不全で心臓が悪くなっていたのが、腹痛に出たのかもしれません。

心電図のイメージ
心電図のイメージ

慢性心不全は、徐々に心不全が進んでいきます。

慢性心不全の前兆は、主に動悸や息切れ、呼吸困難、むくみが多いのだそうです。
心臓のポンプ機能が低下すると、心臓だけでなく全身にいろいろな症状が現れます。
心臓が動きづらく、全身へ血液を送ることと、心臓へ血液を戻すことができなくなります。

スポンサード




スポンサード

急性心不全の前兆の初期

前兆サインが出たばかりの心臓病の初期の段階で、自分の心臓病にまだ気付いてない人を「隠れ心臓病」というそうです。

お医者さんが、ご自身のブログで次のように話しておられました。
【この「隠れ心臓病」の段階で病気を正しく診断し治療すれば大きな病気には進展せず、ほぼ健康なままで人生がおえられます。

ポイントは前兆の警告サインを自覚して病院に行くべき警報と理解することです。どんなに忙しくても病院に行くことです。後で後悔することになります。

そして、心臓病の自己診断は非常に危険です。】

なんと、早い段階でこの心不全をみつけて心臓病をケアすれば、一生、ほぼ健康なままで、人生まで終えられるのだそうです。
「早ければ、治るんだ・・・・。!!」

正直言って、びっくりしました。
病気で心臓が悪くなる、というと、治らないのではないかと思っていました。

私の祖父が心臓病で、いつも心臓発作を止めるために、ニトログリセリンを持参していました。
血圧も状態が悪くて、薬も大量に、毎日、飲んでいましたから。

医療のイメージ画像2
医療のイメージ画像2です

急性心不全は、命にかかわる病気です。

急性心不全は、心臓の機能が停止する病気ですが、前兆として次のような症状が出る人が居るそうです。

「みずおち、肩甲骨、腕、背中、歯など痛みはさまざまな場所に生じる。時には腰や脚が痛いと訴えた人が心筋梗塞の場合もあり、どこかが痛いと言う患者さんは心筋梗塞も疑うのが医者のセオリー」とのことです。

皆さん、どうか急性心不全の前兆と、慢性心不全の前兆を、見逃さないでください。
あなたの体へ、ほんの少しでいいので、毎日、できるだけいたわってあげてください。
心不全の前兆は、ただの疲れやすさかもしれません。でも、心臓がやられているのですから、異常を見つけて、意識にあげてください。

スポンサード




急性心不全で亡くなる芸能人たち

芸能人の大杉漣さん、そして、野村幸代さんも心不全で亡くなりました。
心臓病の恐ろしさは発症した瞬間に生命の危機となることがあります。
心臓病が初めて発症した時、短時間のうちに危険な重症になるのが、急性心不全です。

急に悪化する、急性心不全について調べましたが、種類が沢山あるんですね。

急性心不全とは、心臓が急にうまく働くなる症状をまとめて呼ぶ呼び方です。
「急性心筋梗塞や狭心症発作時におこる虚血性心不全、
発作性心房細動や心室頻拍が起った時になる頻脈性心不全、
風邪などのウイルス感染症がきっかけで起こる急性心筋炎に合併する急性心筋炎性心不全、
高度徐脈に陥った時になる徐脈性心不全等」

スポンサード




こんなに怖い心不全の初期症状ですが、特徴に乏しく、あまりに月並みで驚くほどありふれているのだそうです。

大杉漣さんも、ドキドキするとか、なんだか違和感があるとか、なにかの急性心不全の前兆にあたるサインがあったのではないでしょうか?
大杉漣さんは芸能人で忙しかったために、心不全と知らずに、前兆である違和感を感じつつも我慢していたのかもしれません。

心不全には慢性心不全と急性心不全があります。
心臓病の進行が穏やかで心不全がゆっくりと進行していくのが慢性心不全で、突然の心臓病発症でいきなり重い心不全になってしまうのが急性心不全です。

疲労のイメージ画像
疲労の画像

でも、病気は徐々に進行するものです。
本当は、いきなり急性心不全になったというよりも、心不全の前兆であるありふれたサインがたくさん出ていたのではないかと思います。
本当は、血管がコレステロールで心臓の血管が詰まっていくなど、心不全になる前の段階が、必ずあるはずなのです。
最後に一気に、急性心不全になってしまったのでしょう。

突然心不全になる急性心不全は、一刻を争います。
なにより、急性心不全は症状が激しく発症したら誰もが急いで病院に向かうのだそうです。

スポンサード




一方急性ではなくて、慢性心不全は、本当にたくさんの人がかかる病気だそうです。

弱った心臓におこる最初の重大な症状なのですが、「動くと疲れやすい、息切れ、ドキドキする」等です。
こんな症状なら心不全だとは考えず、年のせい、風邪、過労等、ただの気のせいだと思うかもしれません。
まさか、心不全の前兆とは考えず勘違いしてしまいます。
ゆっくり進む慢性心不全は、疲れやすい体を放置するうちに、本当の慢性心不全になっていきます。

慢性心不全では、その前兆となる警告サインとはどんなものかというと、慢性の心不全の前兆は、わかり辛いことが多いそうです。

心臓のドキン、ドキドキ、めまい、失神、胸が痛い、違和感、圧迫感。
疲れやすい、動悸、息切れなど、本当は心不全なのに、こんな控えめなサインでは、心不全の前兆とは気が付かないでちょっと疲れただけと勘違いしてしまう症状もあります。

実は、見逃した疲れやすさが、実は心不全の前兆を起こしており、放置すると、本当の心不全が待っているのかもしれません。
心筋梗塞、狭心症、心房細動、房室ブロック、洞不全症候群。
拡張型心筋症、肥大型心筋症、心臓弁膜症。

このような心臓病を長年放置していたり、十分に治療や管理をしなかった時には本当に徐々に心不全の症状が現れるのだそうです

つまり、心不全の前兆を見過ごして、本当の心不全になってしまうのです。

スポンサード




急性心不全でも、慢性心不全でも、前兆を見逃さないことが大切で、心臓に関る病気なのでとにかく早く病院へ行くことです。そして、「心不全を検査してほしいと内心では思っている」ときにどうすれば良いのかについて、お医者さんの意見です。

「心不全を心配しています」と内科医、できれば専門医にはっきりと言って相談ください。
心不全の診断は複数の検査を組み合わせて多方面からしますので、少し時間がかかるでしょう。」

初期段階の心不全であれば、診断は重症よりかなり難しくなるそうです。

わたしも、こういう経験があります。
一度、脳卒中が出かかって、引っ込んでしまったようなのです。

一旦症状がひいて、血液検査でも正常だと、どこも悪くないので、お医者さんもそれ以上何もできません。

病気は軽いうちに治したいですが、すべて初期段階の方が診断が難しいものであるのだそうです。
でも、かといって、重症になって全ての所見が揃えば、診断は研修医でも簡単にできるものなのだそうです。

わたしの血縁にも医者がいましたが、色々な点で、ただの人です。
モラル的にも、治療以外は、ただの人にすぎません。・・煩悩で、他人に大迷惑もかけます。

(医者だから偉いとはとても思えません。どうも すいません。
でも、私の正直な気持ちです。訂正するつもりはありません。)

もし、真剣みのないお医者さんが当たった場合は、諦めて、きちんと向き合ってくれるお医者さんを探しましょう。そんな奴に、判断を任せてはいけないのです。

医者も間違えます。

たとえば、重篤なアレルギー反応で疲れの症状が出ているのに、全く検査しないために気のせいだといわれたり、とてもつらい遭うこともあります。

心不全の前兆なのだとしても、疲れ、とは、重症でも、高い確率で医者に見落とされるのです。

腹痛のイメージ
腹痛のイメージ

心臓に違和感を感じているならば、医者に、食い下がって、検査してもらえるように話すことと、真面目に向き合ってもらえる医者を探すしかないのかもと思います。

心不全を疑うならば、何かおかしいと気が付きつつあるならば、自分から医者へ症状を説明してください。
でも、医者がピンと来なくて検査の話も出ない・・見逃すような感じならば、別の医者へ行きましょう。諦めないで。

急性心不全で、心臓が悪くても全長がお腹の痛みや肩の痛みであったりするのですね。
普段から、何かお腹が痛い。首や肩が痛い。

「〇〇が痛い。」となった時には、きちんと体と向き合うことをおススメします。

小さな痛みのうちに、きちんと病気と向き合って、治療を始めてください。
最近の治療は、昔と違って科学的です。

多くの病気は、早く治せば、きちんと治ります。
急性心不全だって、心臓が悪くなる段階があったのですから、前兆を見逃さないで、頑張って小さな痛みと向き合いましょう。
疲れやすいことを、人に相談しにくかったら、黙って一人で病院へ行って、きちんと治してくださいね。

スポンサード




More from my site